新型コロナ感染拡大防止のための5月(→8月)の司法試験・予備試験の延期、条件付き中止(Postponement of the bar exam In Japan)

新型コロナ感染拡大防止のための5月(→8月)の司法試験・予備試験の延期、条件付き中止(Postponement of the bar exam In Japan)

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


The English translations are in the end of sentence.

活動アカウント: https://twitter.com/StFoEv

 8月に大規模なクラスターを発生・拡散させる危険性が高いイベントを、行政機関が主導して行おうとしているという問題です。また、受験者の受験資格が不当に奪われかねないという問題も出ています。
 司法試験・予備試験受験者の権利・健康だけでなく、そういった職業と関係のない全国民に関連性がある問題です。長文になりますが、法律関係の仕事とは関係がないから…と受け流すことなく、せめて太字の部分でもお読みいただき、ご賛同いただければ幸いです。


------

 私は司法試験受験予定者です。
 2020年8月12日~16日に司法試験、16日にはその予備試験が実施されます。
 本年度の司法試験の受験者数は4,226人、予備試験の受験者数は15,318人となっています。
 各試験は、画像に掲載した通り、全国各地で行われ、東京都心等ではひとつの会場に数千人以上の受験者が集まり、密閉された部屋に100人以上の人間が1日最長約10時間程の滞在を余儀なくされ、過酷な試験を受け続けることになります。この状況が4日間、中休みを含めると5日間続きます。
 食事は原則試験会場の部屋内でとることとなります。休憩時間、廊下には自習する人々や試験について語り合う人々が集まり、トイレには長蛇の列ができます。また試験期間中、会場近くのホテルはほぼ満室状態となり多くの人で溢れかえります。カンニング防止等のため、試験に用いられる六法は他の受験者も利用したものを使い回しにされます。

  受験者たちは皆一年に一度のこの試験のために必死に追い込みをかけます。「当日は体調が悪かったが…」などという受験体験談を、毎年当然のように目にします。私自身何度か受験してきましたが、毎回受験期間中若しくは終了直後に体調を崩したり、甚大な体力消費で動くことが出来なくなったりします。今年も大なり小なり体調を崩す方々が多く現れるでしょう。
 実際、昨年の司法試験の途中欠席は37人。予備試験の途中欠席は98人でした。これはあくまで途中欠席者の数であり、体調悪化者の数ではありません。(他の事情もあり得ますが)試験に耐えられない状態にまで至った方の数です。
 また、受験者の多くが現状定職についていないため、試験の合否やコロナウイルスへの感染可能性だけでなく、経済状況悪化に伴う今後の生活不安により、精神的ストレスを例年以上に抱えています。通常の大学入試や就職試験と異なり、受験者は若者に限られず、会場には中高年の方も多く見受けられます

 すなわち、体力、気力ともに落ち込み、免疫力の低下した受験者が会場に大勢集まることが容易に予測できます。

 彼ら彼女らのような人々が、一年に一度しか実施されず(司法試験に関しては)五年間という受験制限もある、人生の懸かった重大な試験を、たとえコロナウイルス感染・罹患の可能性があっても、体調を理由に自主的に休むなどということが、果たして考えられるでしょうか。また、体調が悪くない受験者は、感染を恐れて、クラスター発生を憂いて、受験を控えるといった決断ができるでしょうか。私には到底できるとは思えません。
 試験途中に発熱等で倒れた場合、免疫力の落ちた彼らの生命は助かるのでしょうか。生命は助かっても、まだ全貌の解明されないウイルスの予後・後遺症がないといえるでしょうか。倒れた者のコロナウイルスの陽性・陰性を確認する人的・時間的余裕はあるのでしょうか。同じ会場にいた受験者は試験を続行、或いは再試験を受けられるのでしょうか。健康は守られるのでしょうか。また仮に別問題で再試験を受けることとなった場合、公平性が保たれた試験と言えますでしょうか。
 これらの問題は、換気やマスク着用等のその場しのぎな感染予防対策でどうにかできるものではありません。

 この問題に関し法務省は、試験当日朝に検温等を行い、発熱や咳等の症状などからコロナ感染等が疑われれば、受験を断る場合があるという、判断者、判断基準(発熱の定義等)、法的根拠等全て不明瞭な方針を発表しました。
http://www.moj.go.jp/content/001324268.pdf
 これについて法務省へ問い合わせた所、
 発熱等や感染疑いの具体的基準は公開できない。総合的に判断される。判断者は各地の責任者で、医療関係者が判断するわけではないとの返答がありました。
 感染者の再試験・受験料返還はないです。疑いがあったものの、その後受験者に対して検査を行うなどの措置はなく、検査を受けるかは個人の判断に任せられます。野放しです。検査の結果陰性だった場合も救済措置はないとのことです。正直、受験者は皆、解熱剤や咳止めで突破をはかると思うのですが、それについても「控えてほしい」という返答しかありませんでした。そのお願い程度で感染拡大リスクが抑えられるか尋ねたところ、抑えられると返されました。

 4月と異なり外出自粛要請や緊急事態宣言もない現状、コロナ収束の見通しが立ちません。
 またエピセンター化すれば電車や劇場でも感染するという話がありますが、TOC五反田メッセなど一部試験会場は窓すらないようで、換気が十分出来るとは思えません。またトイレも一か所しかありません。
https://messe.toc.co.jp/
 この会場はコロナで5月の試験が延期された後に追加された会場です。これでは法務省は危機意識が欠如していると言わざるを得ません。5月よりも、問題が深刻化しているように思います。

 これは受験者のみの問題ではありません。全国の受験者が7都市に集まりクラスター発生、居住地に戻り感染を拡大させる可能性があるのですから。
 受験者の生活・収入への影響、各機関との調整の必要性から、延期・中止の決断が容易ではないのは承知しています。支払い済みの受験費も高額です。けれど現に他業種では損害覚悟で様々な自粛をしています。その中で人権問題を扱う法曹界が、受験者にリスクを押し付ける事態は避けねばなりません。もう根性論で何とかなる話ではないですし、もう一度言わせていただきますが、試験強行で影響が出るのは受験者の健康のみではないのです。

 以上から、試験の延期・又は最終的手段としての中止(受験資格の延長や、次回試験の合格者の増加等特例措置条件付き)を強く望みます。
 代替案としては、試験を延期した上で、短答試験だけでも監督下でのオンライン受験にする、試験日程を分散する等を検討すべきと考えてます。実際に東京より収束傾向にあるニューヨーク州の司法試験は、7月実施予定が9月に延期の後中止となりました。またカリフォルニア州の司法試験では、オンライン受験が導入されました。
https://t.co/nycMEh6iFo?amp=1

 拙い文章、不十分な情報量で申し訳ありません。
 しかし私自身が今まさに受験者で余裕がない。多くの方が声を上げたくても上げられない状況です。それでも問題が周知され現状が変わればと、情報発信致しました。
 現状でも受験を望む方もいらっしゃるでしょうから、全受験者の意見を代弁するつもりはありません。ただくどいようですが、司法試験や法曹関係者だけの利害関係で済む話ではないのです。法曹としての倫理が問われているのです。
 署名、情報拡散等、ご協力よろしくお願い致します。

 法務省の電話番号は
03-3580-4111
です。
 今回の件に危機感を覚える方々、疑問がある方々は、受験生であるか否かを問わず、是非問い合わせてください。

またこの活動に賛同できないという方は、こちらの方もご検討ください。
https://t.co/1ZmyZG2pem?amp=1

※以下英文

 Please help us. 

 The bar exam for 20,000 people will be carried out around the country in August 12-16, in Japan. 

More than thousands of people will gather in one examination hall at downtown in Tokyo. More than 100 people will be forced to stay in shutting tightly space for about 10 hours a day. This Severe exam puts a rest for one day, and continues for 5 days.

 The examinees have meals in that space.  The people who study or talk about the exam gather on a hallway in the break time. The long queues snake its way to the restrooms . Hotels near the examination halls have no vacancies , and crowded with people around there during the exam period.

  The examinees study so hard for this special exam once a year. Many of them destroy physical conditions on the 5 days every year. About 140 people were absent from the exam on the way last year. This numeric data is not the number of the examinees who destroy physical conditions. It's the number of the examinees who  deteriorated the physical conditions so that they could not help be given up this special exam.I also destroy physical condition in this exam ,every year. Many people would be also the same situation this year.

  The examinees are also fighting against anxiety to the exam and virus infection. Anxiety would be held more than an ordinary year by future's anxiety about life with economic condition deterioration by COVID-19 this year because the most of them have not got regular jobs now.The examinees can't be limited to young people and we can  see the middle-aged and elderly people much in the examination halls.


 To sum up, the people to whom physical strength, the willpower and the immunity power fell will gather in large numbers in one place.


 Japanese bar exam is carried out only once a year. Examinees can take the examination for only 5 years after law school graduation.Even if there is a possibility of the COVID-19 infection, would they be able to do the judgement given up independently for reason of the physical condition? Would the healthy examinees who fears infection be able to give up?I can't think that's possible.


 When destroying physical condition during a exam, will be the life of them in whom the immunity power fell saved? Even if the life will be saved, can it be guaranteed  that there is no aftereffect of the COVID-19 at the present stage? Are there a human margin and time which check whether it's positive or negative of COVID-19 ? Can more than 1000 examinees in the same  place keep taking the exam? Can they take a reexamination? Is their health maintained?

 These problems can't be settled by a makeshift measures such as the ventilation and the medical mask.


 The Japanese Ministry of Justice isn't making a clear decision to this problem in spite of 1 month before of the exam. It's being affirmed only that they don't permit a resit for COVID-19 infected patients. Can you accept this fact?


 This is never a problem only of examinee's health.

 Japanese government is appealing self-control of going out greatly now. The logic to which I say "You may be the symptom-lessness. But the people infected from you will be risked." Of course, this logic also applies about the bar exam.Because a cluster occurs at examination halls, and infection expands to outside, a possibility that people's health and fiscal conditions of all over the world including Japan will be hurt  is high.Because a possibility that important friend and family will be risked is high.

  Though the Japanese Government to which going out self-control should be appealed is going to enforce the exam which has high risk. It's noncommittal and is in the irresponsible state.

 The New York State Board Of Law Examiners announced postponement of the bar exam it was expected to hold at the end of July. But the Japanese Ministry of Justice puts a bar exam into effect as scheduled in the middle August.


  Postponement of a exam and cancellation have an influence on the job hunting scheduled for exam later and judicial mastering, etc.. The adjustment with various engines is also needed.The taking an examination cost paid already is also expensive. Therefore postponement and cancellation can't be decided easily. I understand the fact.

  However, many private enterprises are taking human life top priority. They're determining on huge damage and  practicing self-control in activities. But, the part of the lawyers who deal with human rights tries to slight human life and seize the immediate profit. I think of the fact very regrettably.All people suffer now. Though I feel that part of the lawyers may regard their jobs as special and be arrogant.

  " The bar exam is severe. Only the person who can hold high risk and resolution can pass".It may be the one they're thinking so. If this guess is right, I'm hopeless feeling in the fact that such lawyers are planning to handle law problems which will be confused by influence of COVID-19 from now on. I say again, but when bar exam is carried on, bad influence comes to health of the whole nation and people of all over the world as well as examinee's health. 


  From the above mentioned reason, I insist on postponement of the bar exam or cancellation as the last resort (That includes special measures to eligibility requirements for examination and exceptional measures of successful candidate doubling in next time's exam.) to the Ministry of Justice.

 We have no time. Please help us.

 Thank you for reading.


 I apologize for that by clumsy sentences and insufficient volume of information. There would be also an opinion I ask for a definite plan. However, I myself am the  examinees who has to prepare for a exam 1 month later. it's a big burden to have to complain and start such actions in this time. Though many examinees would like to start action now, it's the situation that that isn't made.  Still I would like to behave and spread a problem among the world, and change the situation.

 The examinees who would like to take an examination for such situation may be here, too.Therefore I'm not going to speak for an opinion of all examinees.However, this problem isn't to be finished by the stake only of the judicial examination person concerned.

※本署名活動は、5月実施予定だった2020年春から行っています。
わかりやすいよう8月に全文修正いたしましたが、当時は賛同出来たものの現状では賛同できないという方もいらっしゃると思います。
ただ新しくキャンペーンを作成し直す時間がございません。
対策を色々考慮したのですが、条件付き中止に含意されていたということでご承知ください。