教育公務員のセクハラ行為、性犯罪、パワハラ、体罰等の不祥事を厳罰化要求

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


教師のセクハラ行為、性犯罪、体罰を「指導の範囲」で済ましてはなりません。

セクハラ行為ではなく、性犯罪として刑罰の改定を要求します。

セクハラの行為として、触る行為は痴漢行為、わいせつ、暴行とすべきです

セクハラ行為の不快な言葉かけや 電磁的方法での一方的な言葉かけも、

被害者が心身ともに病んでしまっていれば、立派な傷害ですし、わいせつ行為です

 

迷惑防止条例は都道府県で差異があります。これについても痴漢行為等は全国で統一すべきです

現在、被害者は警察へ相談したり、訴えても、わいせつ行為未満として扱われ、被害にあっているのに 泣き寝入りしている状態です。特に子供は心と体の成長期に被害に遭い、心身ともに病んでしまい、成人してからもトラウマ化することが多数あります 

体罰について

体罰が酷すぎて、ケガの状態がひどく、重症、又、後に障害、後遺症、で苦しむ若者、や亡くなってしまうくらいの体罰が報道にありますし、大声で生徒を怒鳴りつけることもずっと続けば、心身ともに疲労しますし、教師がこのような事を続けることで、周りの生徒児童からのいじめが始まるきっかけになっています。

体罰は暴行であり、傷害です。また怒鳴り続けることは名誉棄損です

教師が被害にあった場合、すぐに警察は動きますが、

生徒児童が被害に遭うと「指導の範囲」を主張し、警察も被害届を受理したがりません。これは平等ではありません。

子供は守られるべき弱い立場です

 

被害者が泣き寝入りすることなく、理不尽な扱いを受けないよう、救済されるべきです

どうかご賛同をお願いします

 



今日:いちご大福さんがあなたを信じています

小学生の母 いちご大福さんは「教育公務員のセクハラ行為、性犯罪、パワハラ、体罰等の不祥事を厳罰化要求」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!いちご大福さんと85人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。