教師の卵に『部活の顧問できますか?』の質問はしないで!教員採用試験

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!


74パーセント。

これは「過労死ライン」を超えてサービス残業をしている中学校教師の割合です。

日本の教師の長時間労働は,ダントツの世界ワースト1位。サービス残業の最大の原因は「部活の指導」であることが明らかになっています。

放課後や土日の部活の指導は教師に不当に強制されており,部活は教師の不払い労働によって支えられています。

今や社会問題となっている,部活の顧問就任の強制などのブラック労働は,教員採用試験の段階から未来の教師に魔の手を伸ばしています。

今年も,教員採用試験のエントリーシートには「指導可能な部活動」を記入させる枠。

そして,面接官からは「あなたは部活の顧問はできますか?」という質問。

これらは,企業の就職試験での「あなたは当然サービス残業しますよね?」という質問と同じ意味をもつのです。

今どきブラック企業ですら就活生にこのような違反質問は行いません。

しかし,教育委員会は平然と就活生に問うのです。「あなたは当然サービス残業しますよね?」と。

教員採用試験でさえもこのような状況で,本当に優秀な人材が教師を目指してくれるのでしょうか?

日本の教育の質はどうなってしまうのでしょうか?

実際に,教員採用試験の倍率は激減の一途をたどっています。

ついには教師が見つからず,4月から授業が始まらない学校まで出てきている始末。

教職のブラック化は,日本の教育と子どもたちに大きな不利益をもたらしているのです。

今こそ全国の教育委員会は,就活生へのブラックな違反質問をやめ,教師に優秀な人材を確保する努力をするとともに,教師の労働環境の改善に努めていくべきです。

全国の教育委員会は,貴重な未来の教師にサービス残業を強制するような違反質問を即刻やめてください!

「部活の顧問はできますか?」「何部の指導ができますか?」等の違反質問をしないでください!

★ご安心ください!名前は非公開で賛同できます★

*お気を付けください*
ご賛同後、Twitterで本署名を共有すると賛同者名が出てしまう場合があります。下記の場合です。
1.賛同した後には、署名サイト上では「賛同!」ボタンが消えます。
その代わりに「Twitterでシェア」等のボタンがあらわれます。
ここで、署名サイト上で「Twitterでシェア」をすると、ご賛同者様の名前が出てしまいます。
2.また、署名サイト上で「リンクをコピー」してツイートしても、ご賛同者様の名前が出てしまいます。
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

まとめると『署名サイト上の機能を用いて拡散』しようとすると、ご賛同者様の名前が出てしまうようです。これを避けて拡散にご協力くださる方は
 https://goo.gl/BPcRvX
をコピーしてご活用ください。この短縮URLであれば、ご賛同者様の名前が出ることはありません。

▼要望の要約▼

全国の教育委員会は,教員採用試験を受験する就活生に「部活の顧問や指導ができるか否か」の趣旨の質問をすることをやめてください。

文部科学省および全国の都道府県市区町村の長は,各教育委員会に,教員採用試験時に「部活の顧問や指導ができるか否か」の趣旨の質問を禁止するよう指導,指示してください。

採用後の教員と講師についても,サービス残業前提の働かせ方をさせないことを求めます。そのためにも,部活動の顧問をする・しないの選択権を保障してください。



今日:対策プロジェクトさんがあなたを信じています

部活問題 対策プロジェクトさんは「教師の卵に『部活の顧問できますか?』の質問はしないで!教員採用試験」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!対策プロジェクトさんと11,090人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。