性暴力救援センター協力弁護士は同時に加害者弁護をしないでください!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


 現在、強姦被害者として裁判をおこなっておりますが、加害者の弁護士の一人が、「性暴力救援センター・SARC東京」の協力弁護士に登録しています。加害者弁護を同時におこなっている弁護士に、被害者は相談したいと思うのでしょうか。

 被害者が、本当に安心して相談できる窓口であるならば、紹介する協力弁護士は、被害者に寄り添った弁護士でなければならないと考えます。強姦裁判における加害者の弁護士による二次被害は壮絶なものです。巷で言われる、警察や医療機関による二次被害など、比べ物になりません。それは、筆舌に尽くしがたいほどの苦痛です。

  そして、加害者に利益をもたらす女性弁護士が、はたして被害者に寄り添った弁護をできるでしょうか。もちろん、弁護士は、あらゆる種類の案件を受任することができます。しかし、性暴力救援センターの協力弁護士に登録するのであれば、加害者弁護を引き受けない覚悟も必要ではないでしょうか。強姦裁判で加害者の側に立つということは、いかに加害者の罪を軽くするか、あるいはどうやって無罪にもっていくかに力を尽くすことです。そのためには被害者の「落ち度」を作り出したり、被害者を貶めて攻撃したりするでしょう。こうした弁護活動が実行できる女性弁護士と、被害者が信頼関係を結ぶのは難しいと考えます。



今日:陽子さんがあなたを信じています

平野 陽子さんは「性暴力救援センター協力弁護士は同時に加害者弁護をしないでください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!陽子さんと117人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。