Petition update

『この世界の片隅に』片渕監督が被服支廠を視察

旧広島陸軍被服支廠倉庫の保存・活用 キャンペーン
Hiroshima, Japan

Dec 27, 2019 — 

今週月曜日(23日)、映画『この世界の片隅に』を手がけた片渕須直監督が被服支廠を訪れ、全棟保存を訴えました。

キャンペーンメンバーの瀬戸が見学に同行させて頂き、
監督の想いをお聞きすることができました。

「ここは『僕らのもの』ですらないかもしれない。未来の人たちのものでもありますよ。と思います。僕らはたまたま戦後七十何年経ってここにいるけど、戦後100年経ってここにいる人もいるかもしれないし、200年経ってここにいる人たちもいるかもしれない。75年の人たちが壊しちゃったから見れない、ってことになっちゃうわけです。」

監督がお話されたことについて、詳しくは以下のnoteでお読み頂けます。

note: 片渕監督が被服支廠で語ったこと

また、短い動画も作成しFacebookページに掲載したのでそちらも併せてご覧ください!

片渕監督 被服支廠視察動画 2019.12.23

監督が仰った、建物を目の前にしたら感じるものがある、気持ちが改まったという言葉にとても共感しました。


Keep fighting for people power!

Politicians and rich CEOs shouldn't make all the decisions. Today we ask you to help keep Change.org free and independent. Our job as a public benefit company is to help petitions like this one fight back and get heard. If everyone who saw this chipped in monthly we'd secure Change.org's future today. Help us hold the powerful to account. Can you spare a minute to become a member today?

I'll power Change with $5 monthlyPayment method

Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.