萩・むつみへのイージス・アショア配備計画の撤回を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 6月21日、防衛省中国四国防衛局による、むつみ演習場の「測量調査」と「土質調査」の一般競争入札の公告は、イージス・アショアの配備工事の事実上の始まりです。これに対し、7月2日、演習場周辺の萩市むつみ羽月集落や阿武町宇生賀集落の住民が、阿武町と萩市に、配備計画の撤回を求める申し入れを行いました。

 私はこの申し入れに賛同し、配備計画の撤回を求めます。

 この署名を小野寺五典防衛大臣と安倍晋三内閣総理大臣に届けていただきますようお願い申し上げます。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 住民の会の署名は、署名の提出先を、山口県知事、萩市長、阿武町長宛にしています。

 その理由は、

 第一に、住民と地方自治体が一体となって、国・防衛省に配備撤回を求めるためです。

 住民が、自治体に平和的生活環境を要求する、自治体が、住民と地域のための平和政策を推進する、という「住民の自己決定権と平和行政」の考えを基本にしています。

 第二に、萩市むつみ・羽月集落、阿武町宇生賀・福賀集落の住民のみなさんが、萩市と阿武町に、「配備計画の撤回を求める」申し入れ(6月15日、7月2日、7月5日、7月12日、7月19日)を続けられていることに賛同する署名です。

 第三に、7月19日、住民の会は、萩市に、『防衛省説明会への質問と要求項目』(7項目)を防衛省に提出し、文書での返答を求める、申し入れをしました。

 折しも、7月18日付、山口県知事・萩市長連名による『再照会』とタイアップしました。

 署名運動は、こうした要求をさらに進めるものと考えます。

 7月24日萩市と県が、7月26日阿武町(町長・議長)が住民の要請を受けて防衛省に行かれました。

 7月25日、急遽発表された「適地調査に係る開札日の延期」は、住民と自治体が一体となって実現したものと考えます。

 配備撤回・工事中止の申し入れ大行動に向け、多くのみなさんの、署名運動へのご賛同とご参加を、心からお願いいたします。

 

『イージス・アショア』の配備計画の撤回を求める住民の会

                 代表 森上 雅昭



今日:イージス・アショア配備計画の撤回を求める住民の会さんがあなたを信じています

イージス・アショア配備計画の撤回を求める住民の会さんは「山口県知事 村岡嗣政 様: 萩・むつみへのイージス・アショア配備計画の撤回を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!イージス・アショア配備計画の撤回を求める住民の会さんと222人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。