キャンペーン成功!

和歌山市立、和歌山県立校の教育活動の再開の延期を求めます!!

82人の賛同者により、成功へ導かれました!


わたしは和歌山市立の小学校に通う子供を持つ親です。今回署名を行ったのは、子供が「コロナの感染が怖い」と教育活動再開への不安や恐怖があった為です。私共親も同じ気持ちです。

4月3日現在、和歌山県で感染者22名、1名の方が亡くなられてます。

3月27日に同県田辺市で行われた新採教員説明会(県教育委員会主催)に出席していた人からも感染者が出ました。

活動再開において、和歌山市は「感染拡大防止措置を講じる事」ですが、教室で授業を受けることという事は、「換気の悪い密閉空間、多くの人の密集、近距離密接(互いに手を伸ばしたら届く距離)」の「3密条件」を講じる事は不可能だと思います。せまい教室の中で30名近く(30名超える場合もあり)が人と人との距離を1m、2mあけることができますか?まして小さい子供たちには言っても理解出来ないこともあります。この状態でも感染拡大防止を出来ると思いますか?

世界中のみならず、日本でも感染者の増加スピードが加速しており、日に日に感染者が増え感染拡大の予兆が現れています。若年層の感染も広がっております。

流行の中心である東京や大阪府の学校などはゴールデンウイークまでの休校延長を決定しました。

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/1027184/1027186/1027480.html

和歌山市教育委員会ならびに、和歌山県教育委員会は新型コロナウイルス感染拡大防止の為に速やかに以上の発表を撤廃し、和歌山市立、県立校の再開をおくらせるべきです。具体的には東京や大阪府と同じようにゴールデンウイークまでの休校延長です。

この署名は和歌山市会、和歌山県委員会、和歌山県議会、和歌山教育委員会、和歌山市教育委員会、和歌山県教育委員会に提出する予定です。我々には参政権が与えられていませんので、署名が最も有効な手法だと考えました。

和歌山市教育委員会ならびに、和歌山県教育委員会の発表やな疑問を抱いた人、安全性に欠陥があると感じた人、またそのほかの理由によりこのキャンペーンに賛同する人は和歌山市の方でなくとも構いません。ぜひとも投票をお願いします。そしてSNSなどで拡散して頂ければ幸いです。

大切な人を失いたくありません!大切な人の苦しむ姿、悲しむ姿をみたくありません!感染拡大してからでは遅いのです!どうか一刻も早く終息することを願います。どうかお願いします。

【追記】4/6現在、新たに5名の陽性患者さんが出ました。各地で休校延長が増える中、感染者増加しているにもかかわらず休校措置取られておりません。引き続き署名募集します。

4/8、働きかける相手に仁坂吉伸知事を追加させて頂きました。



今日:県民さんがあなたを必要としています

和歌山 県民さんは「富松 淳(教育長): 和歌山市立、和歌山県立校の教育活動の再開の延期を求めます!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!県民さんと81人の賛同者と一緒に賛同しましょう。