容姿にコンプレックスを抱く子どもをこれ以上増やしたくない!女子中学生雑誌No​.​1の「nicola」は”見た目に優劣はなくありのままで美しい”ことを子どもたちに発信してください!

容姿にコンプレックスを抱く子どもをこれ以上増やしたくない!女子中学生雑誌No​.​1の「nicola」は”見た目に優劣はなくありのままで美しい”ことを子どもたちに発信してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が25,000に届きます!

発信者:K Wakako 宛先:株式会社新潮社  nicola編集長

※一部摂食障害について触れる箇所があります

私は小学校高学年から中学生まで、新潮社の女子中学生雑誌No.1の「nicola(二コラ)」の愛読者でした。nicolaの世界には素敵なファッションやメイクなどが詰まっていて、モデルさんは私の憧れの存在でした!小学生の時nicolaに載っているファッションブランドの洋服を買ってもらって、とても嬉しかったことを今でも覚えています。 

でも洋服やおしゃれを心から楽しんでいたかと聞かれると、答えはNo。なぜなら、小学校高学年になった時から自分の見た目がコンプレックスだったからです。私は顔が丸くて体は太っているので、素敵な服を買ってもらってもモデルさんみたいにきれいになれないと感じ、だんだんミニスカートやノースリーブの服は着てはいけない人間だと思うようになりました。自分はダイエットしなければいけない人なのにダイエットできていないダメ人間だとも思っていました。

そんな私に人生の転機が訪れます!大学3年生の夏、ベッドに寝転んでファッション雑誌を読んでいると「ボディポジティブ」という言葉に出会いました。ボディポジティブとは全ての身体は美しいという考え方が軸にある、見た目や体型に関する多様性を称賛する考え方です。今までこのままの自分で良いなんて思ったことがなかったので、この考え方を知った時に自分の世界が一気に明るくなりました!!!

そしてその雑誌で紹介されていたプラスサイズモデルのインスタグラムをすぐに見ました。それまで細くないと美しくないと思い込んでいましたが、そのモデルの方たちは思い思いに自分らしさや自分の好きなファッション、メイクを楽しんでいてとっても魅力的なんです!

そしてようやく気付きました。私の見た目がダメなのではなく、自分の見た目がダメだと思い込んでいただけだったのです!

そもそも一人一人は違うのだから、見た目も体型も違って当たり前。にも関わらず、日本社会ではある一定の見た目のみが美しいという風潮があり、様々なメディアの影響でその考え方が子どもの時から刷り込まれてしまいます。nicolaを始めとしたメディアに触れ、小学生の時から痩せていないと美しくないと思い込んでいた私は、10年以上太っている自分の見た目は劣っていると思い込んでいました。

今も多くの子どもたちが私のように自分の見た目について悩んだり、摂食障害に陥ったりしています。ダヴの調査によると、10代の日本人女性のうち自分の容姿に自信がないと回答した人は93%に上りました。また厚生労働省の調査によると、摂食障害のうち痩せるための食行動異常が起こる神経性やせ症の患者数は1年で約12,000人ですが、そのうち10代の割合は一番多く34%を占めています。

しかしnicolaでは、ある一定の見た目のみが美しいというメッセージが発信されています。例えばダイエット企画により細い=美しいという発信や、美白という言葉により肌が白い=美しいというメッセージの発信が今も行われています。そんなnicolaを読んだ小中学生はワクワクする一方で、私のように容姿にコンプレックスを抱いてしまうかもしれません。

もう私みたいに見た目にコンプレックスを抱く子どもをこれ以上増やしたくない!nicolaを読んで自分らしくファッションやメイクを楽しんでほしい!

来年7月に創刊25周年を迎える雑誌「nicola」に、”見た目に優劣はなく、ありのままで美しい”と全国の子どもたちに発信することを求めます!

 

署名キャンペーンを行っていくにあたり、"as I am"という団体を立ち上げました。子どもや若者が自分らしく生きることができ、その自分らしさをお互いに認め合える社会の実現を目指して活動していきますので、応援よろしくお願いします!

Instagram:@asiam.asyouare       

as I am代表 Wakako

参考文献

・伊吹早織「BuzzFeedNews」『日本の女性は、世界で一番「見た目」に自信がない。調査でわかった7つのこと』2019年3月29日(2021年8月25日閲覧)

https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/dove-body-image-2017


・摂食障害全国基幹センター長 安藤哲『7.摂食障害の現状』(2021年8月19日閲覧)https://www.ncnp.go.jp/nimh/shinshin/edcenter/pdf/business_report_r1_08.pdf


・ダヴ「CISION PR Newswire」『少女たちの美と自己肯定感に関する世界調査(2017年)(Girls on Beauty: New Dove Research Finds Low Beauty Confidence Driving 8 in 10 Girls to Opt Out of Future Opportunitie)』(2021年8月25日閲覧)

https://www.prnewswire.com/news-releases/girls-on-beauty-new-dove-research-finds-low-beauty-confidence-driving-8-in-10-girls-to-opt-out-of-future-opportunities-649549253.html

・「nicola 2021年9月号」新潮社、2021年8月1日

・「nicola 2021年10月号」新潮社、2021年9月1日(追記)

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が25,000に届きます!