日本の公共機関のトイレに生理用品を無償で置ける環境にしよう!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


初めまして!

高校3年生の、まると申します。

私は現在、日本の公共施設のトイレに生理用品が無償で設置されることを実現するために、署名活動を始めています。

私が公共施設のトイレに生理用品を無償で置くべきだと考える理由は、生理用品というのは、トイレットペーパーを使う感覚と同じように、トイレに置かれて当然だと思っているからです。生理というのは、生理現象であり、人が用を足すのと同じく、当たり前のことであるにも関わらず、日本ではタブー視されている現状があり、それ故に、生理が原因で起きる腹痛などを、周りに伝えにくく、非常に過ごしにくい今の社会を、変える必要があると思いました。

そのため、公共施設のトイレに生理用品が置かれることで、女性だけでなく男性にも生理について、より身近に考えてもらえるきっかけになると信じています。

例えば、災害時に避難したたくさんの方の中に女性ももちろんおり、そんな時に、男性が生理について無知であることが原因で、生理用品を適切に配られなかった、という悲しい現実も過去には数件存在しました。

このような事例から、私は、生理用品が無償で公共施設に置かれることで救われる人は必ずいると思っています。

日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、生理用品が買えない学生や、父子家庭などの家庭環境で生理用品を買いにくく困っている人がいるかもしれません。そんな時、公共施設に無償で生理用品が置かれていることを知っていれば、何も無い現状に比べると、生理用品の重要さを改めて理解出来たり、買えない学生の負担が減少されると思います。

なので、私は生理用品が無償でトイレに設置されることを求め、署名を集め続けています。

ですが、いきなり公共施設全部のトイレに設置!ということは難しいと思いますので、まずは学校のトイレを対象に活動しております。学校の保健室に生理用品が常備してあるとの声を頂きましたが、保健師さんなどに声をかけにくいと感じている学生さんもいるかと思います。ですが、学校のトイレに置いてあれば、気軽に必要な時に使うことが出来るかと考えております。

署名を集めたあとは、NPO法人や、市役所などの施設に持っていき、話し合いなどを重ね、実現に向けて取り組んでいきたいと考えています。

そしてまた、生理用品がトイレに置かれることで起きる問題や対策についても考えている途中です。

この署名活動を通して1人でも多くの方が「生理」に対する偏見や、何か考えるきっかけになればいいなと心から思っています。

一生懸命、できることから始めていこうと思っております!

皆さんの署名の力をお借りし、是非実現に向けて頑張ろうと思います!

Hello

I’m Mal, a senior in high school in Japan.

I’m currently working on a signature to ensure that sanitary items can be installed free of change in public toilets in Japan.

I have a reason that I think sanitary napkins should be placed in public restrooms free of charge is that I take it for granted that sanitary products will be used the same as  toilet paper.

Because menstruation is a physiological phenomenon, which is the same as human excretion, it is a matter of course, but in Japan there is a current situation that it is regarded as a taboo.

Therefore, Japanese woman are hard to tell their period cramps others. Hence I think that it need change the Japan that is very hard to spend.

Accordingly I believe that placing sanitary products in toilets in public facilities will encourage men as well as women to think about menstruations more closely.

Actually, when people was evacuated in a disaster, men did not know about women's menstruation, and sanitary items were not properly distributed.

As a result, I believe that there are always people who can be saved by putting sanitary products in public facilities free of charge.

Although it may not be well known in Japan, there are many students who cannot afford to buy sanitary products.

And it is difficult to buy it in a family environment such as a father and child family.

In such a case, if you know that sanitary products are placed free of charge in public facilities, you can understand the importance of sanitary products again and the burden on students who can not buy is reduced compared to the current situation where there is nothing. I think it will be done.

For example, if companies, city halls, and schools actively start this activity, I think it will be a chance to gradually improve the current situation where Japanese menstruation is viewed as taboo.

To that end, we want men as well as women to cooperate.

I want to take this signature to facilities such as city halls and NPOs, and we want to take action from what we can do.

I'm a high school student and I don't have much power, but with your signature, I want to make it happen.