国土交通省に電気自動車充電のためETC2.0の一時退出の拡大適用を

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


高速道路の充電設備は電気自動車の増加に追いついておらず今後も不足が懸念されます

この事態の解決策の一つとしてETC2.0による一時退出を拡大適用しどの料金所からでも乗り降りしても高速道路料金が高くならないようにするべきと主張します

限りあるSA・PAの駐車スペースに増設するのは限界がありますし、今後各メーカー独自の充電施設の出現も予見されていますし(独VWなど)現時点でも米テスラ社は既に独自の充電設備を所有しています

高速道路を利用しての移動は高速で移動するために使いますが休憩時間以上の待ちが発生しては高速道路料金を払う意味がなくなってしまいます

また老朽化のため充電出力の低い設備や故障により使用できない設備もあります

今あるリソースを活かしつつ状況を改善するためにこの案を提出いたしました。

どうぞよろしくお願いいたします