児童相談所の対応改善要求

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


この3 月、東京品川で結愛ちゃんが虐待死しました。

胸が切なくなるような、涙を禁じ得ない「反省文」を書いて

許しを乞い、親の愛情を渇望しながら亡くなりました。

身体も心も、極限状態に追い込まれて亡くなりました。

 

担当児童相談所は、結愛ちゃんを一度保護しながらも直ぐに解除。

そしてこの悲劇が起こりました。

防ごうと思えば防げた虐待死だと考えます。

厚く高く立ちはだかる親権の壁。

被虐待児を救う権限を与えられた児童相談所の、

怠慢と楽観視が招いた虐待死です。

 

人権先進諸国は警察と連携し、虐待が判明した時点で

親権をはく奪する制度がありますが、残念ながらこの日本では

親権はく奪の制度の法整備もなく、警察との連携もおぼつかない状態です。

一体何人の子供が虐待死すれば児相は、

全ての案件に危機感をもって対応してくれるのでしょうか。

 

品川児童相談所に抗議と対応改善を求める為に

皆様のご署名を、宜しくお願い致します。

 



今日:ふくおかacさんがあなたを信じています

ふくおかacさんは「品川: 自動相談所の対応改善要求」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ふくおかacさんと1,679人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。