宛先: 法務省法務大臣

台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!! (在留カードと同様に、戸籍の「国籍」欄を「国籍・地域」欄に改め、台湾と表記できるよう求めます。)

0

0 人が賛同しました。もう少しで 50,000 人に到達します!

日本の戸籍には問題があります。


台湾出身者の戸籍欄は「台湾」ではなく「中国」と表記されます。

 
私は台湾人女性と結婚してこの問題に直面しました。

 
自治体の窓口で戸籍表記を「台湾」に変更して欲しいとお願いしましたが、国から「中国」と表記するように言われているので、出来ないと言われました。

 
結婚という晴の門出だというのに、その門出において台湾出身者はこのような悲しい思いを抱かされています。

日本によって、みじめな思いをさせられています。これは、台湾人の人権をも踏みにじる不条理このうえない措置であり、必ずや解決されなければならない問題です。

 
なぜ台湾出身者の国籍欄に「中国」と表記されなければ、いけないのでしょうか。

 
台湾人は、台湾人です。中国人ではありません。

 
私は、台湾出身者の戸籍が「中国」から「台湾」と表記できるように改正されることを強く望みます。

 
そのためには、法務省民事局から各自治体へ、台湾出身者の戸籍欄に「台湾」と表記できるように通達が出し直される必要があります。

このキャンペーンで得たい結果は一つです。

戸籍の「国籍」欄を「国籍・地域」欄に改め、台湾表記可能とすることです。

 
法務省に働きかけるためには、多くの賛同者が必要です。

 
台湾は日本の大切な友人です。

 
東北の震災の際、台湾の人々が世界中のどこの国よりも多額の義捐金を集め、手助けしてくれたことを忘れてはなりません。

 
日本と台湾の友好的かつ良好な関係を継続するためにも、この問題を放っておいてはなりません。

 

みなさんのひとりひとりの協力があってこそ、解決に近付きます。

共感していただけたら「いますぐ賛同」をお願いします。

またできる限りSNSを通じてお友だちにも教えてあげてください。

 

これ以上、台湾出身者にこの苦悩を感じさせてはなりません。

  

********************************

(中文翻譯)

日本的戶籍有問題。

台灣出身者的戶籍欄不是記載「台灣」,而是「中國」。 

我與台灣的女性結婚時遇到了這個問題。

我在自治團體的櫃台,請求將戶籍的記載改為「台灣」,但是得到的答覆是國家要求要記載為「中國」,所以不能更改。

結婚是大喜之事,可是在這樣大喜之際,對台灣出身者來說卻要面臨如此悲哀的事情。

因為日本,而承受這樣可憐的事情。這個是踐踏台灣人的人權,且不合理的處理,是一個必須解決的問題。 

為什麼台灣出身者的國籍欄要記載「中國」呢?

台灣人是台灣人。不是中國人。 

我強烈希望台灣出身者的戶籍的記載可以從「中國」改為「台灣」。 

因此,希望法務省民事局,重新向各個自治團體發出通告,讓台灣出身者的戶籍欄可以記載為「台灣」。

這個活動想要獲得的結果有一個。

就是將「國籍」欄改為「國籍/地區」,使國籍欄可以記載台灣。 

為了推動法務省,需要許多的贊同者。

台灣是日本非常重要的朋友。 

在東北大地震之際,台灣人捐贈了比全世界的任何國家都多的捐款,我們不能忘記台灣幫助過日本。 

為了讓日本與台灣維持友好且良好的關係,不能放任這個問題。

需要大家每一個人的幫助,才能有辦法解決。

如果您有同感,「請馬上贊同」。

還有,也煩請儘量通過SNS轉發給朋友們。 

不要再讓,台灣出身者承受這樣的苦惱了。
 

********************************

(English Version)

There is a problem with the Japanese family registry system.

The family register forces Taiwanese people to identify themselves as from “China” instead of “Taiwan.”
 
I experienced this problem when I married a Taiwanese woman.
 
I requested that my local government office change the listing in the family register to “Taiwan,” but I was informed that the office staff could not do so because the national government has instructed them to list “China.”

Marriage is supposed to be the beginning of a beautiful new thing; however, Taiwanese people living in Japan undergo a miserable experience since the beginning. This highly unreasonable policy of the Japanese government violates the human rights of the Taiwanese people. Therefore, this problem must absolutely be resolved.
 
Why is it necessary to list “China” as the nationality of Taiwanese people?
 
Taiwanese people are Taiwanese. They are not Chinese.

I strongly request that the family registers of Taiwanese people be revised to list them as from “Taiwan” and not “China.”

 To realize this, the Ministry of Justice simply needs to instruct each local government to list “Taiwan” on the family registers of Taiwanese people.

There is only one goal that I hope to achieve through this campaign.

The “nationality” section of the family register should be changed to “nationality/region” so that it would be permissible to list “Taiwan.”
 
We need many supporters to appeal to the Ministry of Justice.
 
Taiwan is an important ally of Japan.
 
After the Tohoku Earthquake, the Taiwanese people donated more money to Japan than any other country, and we should not forget the assistance they offered.
 
To maintain the friendly and favorable relationship between Japan and Taiwan, we cannot ignore this problem. 

We will come closer to a solution as we gain support from each one of you.

If this strikes a chord with you, please click on “Support Now.”

Please inform as many of your friends as possible about this campaign through social networking services and personal contact.

We cannot continue to inflict this suffering on the Taiwanese people.

********************************


なお本キャンペーンは、台湾出身者の戸籍問題の解決のため以前から署名活動をしている「日本李登輝友の会」の活動に協力する方針です。
 
日本李登輝友の会が取り組んでいる戸籍問題の活動内容
http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/koseki/

日本李登輝友の会の戸籍問題のネット署名申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj

上記ネット署名のリンクを開いていただくと署名活動の趣旨と署名申し込みフォームが表示されます。本キャンペーンの目的と日本李登輝友の会が進める署名活動の目的は同じです。是非、参考にお読みください。

外国人登録証問題の解決について

********************************

 
実は私はchange.orgの署名に法的な効力が疑わしいことを、認識した上でこのキャンペーンを立ち上げました。

署名に法的な効力を持たせるには、名前と住所が自筆記入されている必要があります。(請願法によると氏名と住所を記載した文書が求められる)

そうであるにもかかわらず、何故change.orgを利用して署名を集めるのか。

それは、change.orgが多くの人々にこの問題を知ってもらう、簡単かつ最善の策だと判断したからです。

このキャンペーンを立ち上げた結果、一人でも多くの方がこの問題を知り、疑問を感じ、台湾出身者を手助けしたいと思ってもらえたなら本望です。

********************************

補足説明:

********************************

署名発起人 北出哲願 Akinori Kitade

連絡先:mfackick@gmail.com
「連絡をとりたい」「相談したい」「取材をしたい」などは上記メールまでお問い合わせください。

Facebook:https://www.facebook.com/taiwankosekimondai/
Blog:http://ameblo.jp/taiwankoseki/
READYFORプロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/taiwankosekikaisei
Spotlight記事:台湾人は悲しい!!日本人と結婚したら戸籍に中国と表記されるなんて・・・

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 法務省法務大臣


    北出 哲願 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では37,039名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:哲願さんがあなたを信じています

    北出 哲願さんは「台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!哲願さんと37,038人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。