線維筋痛症を難病指定に

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


線維筋痛症と診断受け通院する者です

近年線維筋痛症が病気とし医者も認知しておらず病院をたらい回しされ数年間精神的病気だと判断する医者が多く線維筋痛症の専門医の所へ行けた人は精神病で処方受けた薬の離脱から始めるので治療が何年も何十年も行わないといけない状況に陥り痛みによる精神的苦痛と肉体的疲労に加え自費治療になってしまうので経済的苦痛の3重苦を日々味わってる状況です

1人暮らしには勿論、家族も一緒に苦痛を味わってしまう線維筋痛症を1人でも多く診断出来る医師の育成そして線維筋痛症初期~線維筋痛症重度によって寝たきりになってしまう全ての患者に難病指定によって出来る高度な医療を強く求めます。

線維筋痛症による中症~重症の方だけでも難病指定、
初期~軽症、重症まで鎮痛剤等保険適用、及び各専門医以外の医師の線維筋痛症への理解と診断の勉強を訴える為私立ち上がりまして勝手に患者サイドからの署名運動です。

先ずは100名→500名→1000名→10000名→20000名
目標は現在線維筋痛と思われる人数の署名とその家族そしてその友人の署名です。
募金はいらないです。署名し、これを事案として議員へのアプローチする切っ掛けになれたらと思ってます。
各種ブログ、Twitter、Facebook、InstagramやティックトックなどSNSでのシェア・拡散・宜しくお願いします。