キャンペーン成功!

北海道は、感染拡大予防のために全道一斉の休校措置をしてください

885人の賛同者により、成功へ導かれました!


北海道知事 鈴木直道 殿

北海道教育長代理 末岡裕文 殿

【嘆願事項】

コロナウィルス感染拡大予防を目的とし、北海道全域の全小学校、中学校及び高等学校の休校を速やかに決定すること。私立学校についても同様に休校対応をするよう要請すること。

期間については札幌市同様5月6日までにし、その後、情勢によって延長する等でも構いません。

 

札幌に住む3児の母親です。

私には、札幌市内の小中学校に通う子どもが3人います。

末っ子はこの春、新一年生、特別支援学級に入学しました。

 

昨日4月13日、北海道は札幌市と協議の結果、札幌市内の小中学校及び、市内の道立高校、及び近郊の道立高校を休校にしました。(14日〜5月6日まで)

しかし、同じ北海道に住んでいて昨日私が感じた安堵感を感じられていない親や子どもがいると思うと、気が気ではありません。

 

また、私のところには、立場上声をあげることができないという教員や教育関係者からも同じような声が届いています。

私も元教員です。

昨年度までは非常勤講師、今はフリーで仕事をしていますが、フルタイム勤務の方やシングルマザー、シングルファザーなどいろいろな立場の保護者がいるということ、そして現場の先生方の気持ちも理解できるつもりでいます。

ですが、どんな立場の方も今は何よりも「命優先」ではないでしょうか?

 

子どもの学業の遅れや、預け先を懸念する保護者がいることも十分承知しています。

しかし、万が一自分の子どもが死んだ時「もっと勉強させればよかった」と後悔する親はいないと思います。

今後、北海道内、特に地方で感染者急増、ニューヨークなどのように医療崩壊を起こせば、救える命も救えなくなってしまいます。

「命あっての生活」、「命あっての人生」です。

 

私は一母親として、自分や自分の家族が感染し、万が一重症化して死亡してしまった場合、家族にも会えずに火葬されてしまうなんてことを想像しただけで胸が張り裂けそうになります。

 

北海道は、北海道内全域の学校休校をできるだけ早く決めてください。

私立学校に対しても同様の要請をお願いいたします。

期間は、札幌市同様5月6日までお願いします。

その後は、状況を鑑みた上でまた改めて柔軟に判断していただけたらと思います。

 

上記の嘆願に「賛同」いただける方は、ぜひ「署名」をお願いいたします。

「反対」の方は、どうぞこのまま静かにこのサイトをお立ち去りください。誹謗中傷には耐えられない一母親です。

また、署名いただいた後は、「拡散」のご協力をお願いいたします。

署名後、支援額が表示されるページに進みますが、これは直接私に入るわけではなく、拡散の広告費として使われます。こちらは任意となります。

どうぞよろしくお願いいたします。



今日:久美子さんがあなたを必要としています

越後 久美子さんは「北海道は、感染拡大予防のために全道一斉の休校措置をしてください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!久美子さんと884人の賛同者と一緒に賛同しましょう。