制服を選択制に変える!For a school without gendered uniforms

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


私たちの学校では、制服は男女別の指定であり、性的少数者やLGBTQ+として意識する生徒に対しての考慮がない状況です。生まれ持った性別において期待される役割に対し不快に感じる学生が存在します。そのため、女子生徒はスカートを着用し、男子生徒はスラックスを着用するという義務づけは、戸籍上の性別に対して違和感を感じる生徒が自らのアイデンティティーを表現できなくさせてしまいます。

近年、日本ではLGBTQ+当事者の権利についての意識が急速に高まっています。文部科学省では、2015年に「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について」の報告書を発行し、生徒が着心地良い服を着用できる権利を全国の学校に検討するよう呼びかけました。その翌年、ヒューマン・ライツ・ウォッチでは「出る杭は打たれる:日本の学校におけるLGBT生徒へのいじめと排除」という報告書を発表しました。さらに、朝日新聞ではスカート・ズボンの選択制を導入した女子校を紹介し、愛知県にある学校でこの「制服改正」について総会を通した議題になったことを記事にしました。なお、当校は文部科学省の人権教育研究指定校として、この白書に基づいた課程を実行していました。

私たちの目標は、本校の生徒全員がスラックス、スカート、ネクタイとリボンを着用することができる上、髪型の規制も男女別にしないよう、制服の規定を学校に見直してもらうことです。

現在の制服の規定はすべての生徒が「本学園の生徒らしい品位と姿勢を持って、清潔感のある身だしなみ及び行動」をとるという前提に基づいています。しかし、学校に「スカートを履いてくる」ことや「ズボンを履いてくる」ことよりも多くの選択肢を生徒に与えることは、生徒がだらしない格好をするためではなく、生徒全員の基本的人権を考慮するためです。学校は抑制される場所と認識する生徒がいてはなりません。

このキャンペーンは、性的少数者やLGBTQ+当事者の権利を念頭に置いて本校の制服の規定を見直してもらい、そのために以下の対応を求めます:

  1. 本校の保健の授業課程に性自認(ジェンダー)や性的指向など、LGBTQ+に関する教育を実施すること。
  2. 制服の選択制を導入することについて学園規模の調査を行うこと。
  3. 制服の選択制の導入について、LGBTQ+の生徒代表者を含むPTA会議を開催すること。
  4. 性的区別のない制服の可能性において、伊勢丹と協議をすること。

本学園の生徒全員がより快適で寛大な環境で学ぶために、ご協力をお願い致します。

******************************

At our school, uniforms are based upon the gender binary that is not supportive of students who are sexual minorities or identify themselves as LGBTQ+. There are students who do not feel comfortable with their assigned gender expectations, which is why obliging female students to wear skirts and male students to wear trousers may prevent them from expressing their true identities.

In recent years, awareness over LGBTQ+ rights has been rapidly increasing in Japan. In 2015, MEXT published a report called "Guideline for Students with Gender Identity Disorder or Varied Sexual Orientation/Gender Identification" calling out for schools to consider the rights of gender dysphoric students to wear what they’re comfortable in. The very next year, Human Rights Watch released a report called, “The Nail That Sticks Out Gets Hammered Down”, which explored the struggles LGBTQ+ students experience within a Japanese school environment. Asahi Newspaper has also introduced an all girls’ school that has implemented a selection system to wear skirts or trousers, while presenting how a school in Aichi held a school-wide discussion over this uniform policy. This school actually is a MEXT designated human rights education school, which follows the guidelines and curricula presented by this white paper.

Our mission is for our school to reconsider gendered uniform regulations, so that trousers, skirts, neckties, and ribbons will be available wear for all students, and hairstyle choices will be non gendered.

Our school’s uniform regulations are founded upon the premise that all students must “straighten their appearance as well as take actions that holds a sense of cleanliness”. However, offering students with more options than “skirts or trousers” or “ribbons or ties” is not a way for students to be foolish, but a basic human right for all students to be considered, as schools should not be a place to feel restricted.

This petition requests for our school to reconsider these regulations in mind of transgender and sexual minority rights, through actions including:

  1. Implementing education on gender identity, sexual orientation, and other LGBTQ+ matters in the health class curriculum.
  2. Conducting a school-wide survey regarding a selection system for uniforms.
  3. Organizing a PTA meeting with LGBTQ+ student representatives about this new uniform policy.
  4. Consulting Isetan about the possibility of all-inclusive uniforms.

We ask for your cooperation in creating a more accepting and open environment for all students.



今日:VOICEさんがあなたを信じています

VOICEさんは「制服を選択制に変える!For a school without gendered uniforms」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!VOICEさんと972人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。