すべての武器を楽器に! 日本国は「核兵器禁止条約」に加盟してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


『すべての武器を楽器に!』  

私たちはこのメッセージを掲げ、沖縄を拠点に活動しているピースメーカーズ・ネットワークというNPO法人です。

日本国が「核兵器禁止条約」に加盟することを求める署名を、沖縄より全国の皆さんへ呼びかけます。

沖縄は戦後長らく世界最大級の核兵器攻撃基地として米軍に使用さ れて来ました。そして先ごろのNHKドキュメントでも明らかにさ れたように、現在でも米軍は沖縄への核配備を否定していません。 当然、諸外国は“核はある”と見なしているでしょう。

沖縄は、自分達の島が他国への核攻撃の脅威であることと、 他国からの核を含む攻撃の標的であることに甘んじさせられてきた のです。

 

いま、東アジアに不気味な戦争の影が見え隠れしています。 そしてもし戦争になれば核兵器の使用も想定しなければならないで しょう。

しかし同時に、国連では核兵器禁止条約が採択され、 世界的反核団体ICANがノーベル平和賞を受賞するなど、 核兵器廃絶の機運はこれまでに無く高まってもいます。

 私たちの島が核兵器の拠点であり続けること、 それにより様々な脅威にも曝され続けることを変えて行く好機が訪 れているのです。

 

私たちは、日本の国に対して「核兵器禁止条約」 への加盟を求めます。

 

2017年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」 は今までに無い画期的な国際条約です。

 これまでの核兵器をめぐる国際的な取り決めの柱は「 核不拡散条約(NPT)」でした。NPTは国連常任理事国である 米・中・ロ・英・仏の5カ国には核兵器所有の特権を認め、 それ以外の国には禁止するという“いびつ”な条約である上、 近年ではその不拡散効果は破綻し、印・パ・イスラエル・ 北朝鮮が事実上核兵器を所有しているなど、 多くの問題を抱えています。

「核兵器禁止条約」は一部の国の特権を認めず、 加盟するすべての国に平等に核兵器の保有や使用を禁止するという 画期的なもので、 世界平和に向けての人類の新たな挑戦と言って良いでしょう。

唯一の被爆国である日本は、本来、 核廃絶へ向けて世界を主導するべき立場であるにもかかわらず、「 核兵器禁止条約」への参加を拒んでおり、 いまや世界の良心の失笑を買っています。

私たちは、 日本が当然果たすべきリーダーシップを果たさないのであれば、 過去も現在も核兵器拠点とされてきたこの沖縄が日本に代わって声 を上げ、世界のすべての国が「核兵器禁止条約」 に加盟するように国際世論を高めてゆく先頭に立とうと思います。 その第一歩として、日本国が「核兵器禁止条約」 に加盟することを強く求めます。

沖縄の、全国の、全世界の皆さん! どうか私たちと共に声をあげて下さい。

核兵器なき世界への扉を、この手で開きましょう!

NPO法人 ピースメーカーズ・ネットワーク

〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1-2-1 花ビル5F



今日:NPO法人 ピースメーカーズ ネットワークさんがあなたを信じています

NPO法人 ピースメーカーズ ネットワークさんは「内閣総理大臣: 日本国は核兵器禁止条約に加盟してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!NPO法人 ピースメーカーズ ネットワークさんと160人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。