全国一斉に年度の開始を9月に

0 人が賛同しました。もう少しで 5,000 人に到達します!


感染の不安がある中日々戦って下さっている医療従事者の皆様、食品や物流に関わっている皆様、ありがとうございます。

私達は千葉県の高校三年生です。

コロナウイルスの影響を受け、現在各地で休校措置が取られており、ゴールデンウィーク明けからの再開を目指し学生の大半が自宅での学習を求められています。

しかし、個人でできる学習には限度があります。

そして私達受験生は

外部検定試験の中止、地域による勉強量の差などの問題がある中いつ終わるか分からない不安と戦いながら日々勉強をしています。

そこで私達は

新学期を9月開始に変更する

ということを提案します。 

9月の時点でコロナウイルスが収束するかは分かりません。しかしゴールデンウィーク明けの再開よりも可能性が高いことは確かです。しかし、このまま1ヶ月、また1ヶ月と先送りになるよりも当事者である私たち学生の精神的不安は軽くなると考えています。ゴールデンウィーク明けから学校が開始したとしても第二波が起きてまたすぐに休校になるという可能性は低くありません。

そして9月から新学期にすることは

コロナウイルス収束後

  • 世界中へ留学しやすくなる
  • 各国からの人材が日本へ来やすくなる
  • 受験期に雪やインフルエンザによる影響が無くなる

 

ことなどのメリットがあげられ、

日本にとって良い結果を招くと思います。

経済的な負担が大きいとは思いますが、私達の命を守るためにも未来のためにも決断すべき時ではないかと思います。

 

 

コロナウイルスの影響で学校行事が次々と中止になり、このままでは私達高校三年生の最後の1年は空白のまま終わりになってしまいます。

高校三年生にとってだけではなく、全ての学生にとって学校という場所は学習のためであるのは勿論、学校行事や日々の生活で学び成長することが出来る何よりも大切な時間を過ごせる場所だと思います。

皆で1つになれる文化祭や体育祭。友達とたわいもない話をする休み時間。ライバルに負けたくなくて頑張った部活動。

もう2度と戻ってこない時間が今無くなろうとしています。

学校に行きたい。

その思いは皆同じだと思います

私達の1度しかない時間を奪わないで下さい。

 

賛同頂ける方は署名をよろしくお願い致します。

 

 

 

4/25 文科省 、各都道府県に提出予定