このキャンペーンは終了しました
宛先: 内閣総理大臣

供託金をタダにしよう!または、限りなくタダに近くしよう!

3,952
人の賛同者

日本では、国会議員などに立候補する際に、
高額の「供託金」を払わなければなりません。

世界一と言われるほど高い、日本の供託金。
参議院議員(比例代表)に立候補する場合、
1人600万円もの大金が必要です。

一般市民は、破産覚悟で選挙に出なくてはなりません。

「社会を良くしよう」と思っても、立候補しにくい仕組みになっています。

また、国会議員のいない新しい政党は、
最低でも10人の候補者を立てなければならないので、
供託金として6,000万を用意しないといけないのです。

しかし、憲法44条には、

「両議院の議員およびその選挙人の資格は、法律でこれを定める。
ただし、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産または収入によって
差別してはならない」

と書かれています。

高額な供託金を課すのは
「財産または収入によって差別」しているということで
違憲なのではないでしょうか。

供託金を廃止または大幅に減額すれば、
みんなの多様な声を届ける代表が、
立候補しやすくなります。

ぜひ、供託金をタダにしましょう!

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 内閣総理大臣


    Yoshida Ume さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では3,952名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Umeさんがあなたを信じています

    Yoshida Umeさんは「供託金をタダにしよう!または、限りなくタダに近くしよう!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Umeさんと3,951人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。