宛先:兵庫県知事  Governor of Hyogo Pref. 井戸敏三 Toshizo Ido

井戸敏三兵庫県知事にツキノワグマ狩猟継続の中止を求めます! Oppose to the black bear hunting!

0

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!

クマ狩猟再開反対のページをご覧いただきありがとうございます。
私たちの運動に賛同くださる方は、お一人1回に限り署名をお願いします。

2017年秋の兵庫県「ツキノワグマ狩猟再開の継続」は、国の800頭安定個体群説を根拠に、県内クマ推定数が897頭を超えたからとして、他府県からもハンターを呼び込み、兵庫のクマを撃ち殺して楽しんでもらい、頭数低減を図るもので、生態系保全上、人道上、教育上大問題です。
理由は以下の通りです。

①国が定める800頭はクマが生息できる自然環境が残っているという前提の数です。しかし、現在、クマ生息地の兵庫の山々は、多くが国策で人工林にされて内部が大荒廃し、残された自然林も内部がシカの食害や人間活動で下草や低木を失っています。クマたちは、えさ場も、逃げ場も、隠れ場も失っています。この状態で望遠鏡付きの高性能ライフル銃を持ったハンターがクマを追い掛け射殺する。このような非道な生命軽視思想は、私たちの手で止めていかねばなりません。

②県の推定数897頭は、目撃数や捕獲数を基に県職員である研究者が算出した推定値です。奥山荒廃による里地への生息地拡大を考慮せず、算出法の問題点や過大推定であるという統計学の専門家の指摘に何ら答えていません。

③集落に出て来て困るクマには、誘引物除去や追い払いを実施し、さらに何度も出没するクマは罠で捕獲し薬で眠らせて殺処分する有害捕殺等で対応するべきです。短期的な被害防除と同時に、中長期的な解決策である奥山自然林の再生に全力で取り組むべきです。

2017年11月15日より1か月間にクマ狩猟を実施するので、再度署名活動を行います。皆様のご協力をよろしくお願いします。

11月15日以降も引き続き署名活動を続けます

 

Hyogo Pref. has decided to lift a ban on black bear hunting this autumn. The decision has been made based on the state government’s view that a stable black bear population is 800 in each region; the population of black bears is now estimated to be about 897 in Hyogo. However, the resumption of black bear hunting would cause hunters from other prefectures to come into Hyogo and let them enjoy “shooting and killing,” which will hopefully downsize the number of black bears in the area. This decision is inhumane, and wrong from an educational perspective and an ecological perspective.

The following explains why it is so.

1
The number the state government believes is a stable population, 800, is a value led on the premise that there is still natural habitats for black bears left. There are no such places in Hyogo due to the failure of the Postwar National Forest Policy. The black bears have no places to get food, to escape or hide themselves.

 

2
The Hyogo’s estimated population, 897, is calculated based on the number of sightings and captures by a researcher hired by the prefecture. The calculation was done without the consideration that the bears had changed habitat from remote mountains to where humans live. Another researcher of statistics has pointed out the flaws of the calculation and mentioned the number 940 is overestimated.

 

3
To deal with the bears who infest in residential areas, the temptations should be removed and the bears should be frightened off. If these do not work, we may have to capture the repeatedly infesting bear and put him down as a last resort. Along with deterrent measures, remote mountains should be restored in the long run, which would be the ultimate solution.

We continue to gather signatures for this petition.

 

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 兵庫県知事  Governor of Hyogo Pref.
    井戸敏三 Toshizo Ido


    一般財団法人 熊森協会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では2,098名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:熊森協会さんがあなたを信じています

    一般財団法人 熊森協会さんは「井戸敏三兵庫県知事: 井戸敏三兵庫県知事にツキノワグマ狩猟再開の中止を求めます! Oppose to the resumption of black bear hunting in Hyogo, Japan」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!熊森協会さんと2,097人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。