昭和のモダニズム建築家前川國男の世田谷区民会館は       完全な形で残したい!

昭和のモダニズム建築家前川國男の世田谷区民会館は       完全な形で残したい!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:Stewart Toshiko 宛先:世田谷区長

世田谷区は90万人以上の人口を擁している東京一大きな区です!ところが庁舎はなんとものんびりした場所にあり、しかも贅沢にも前川國男が設計した親しみ安い建物です。中央にある可愛らしい広場が特徴です。この永年親しまれてきた区役所が時代の流れで建て直す事が決まりプロポーザルコンペが行われ設計が決まりました。

選考された案は何とも中途半端なもので前川國男のデザインによる特徴的な折半構造の外壁を持つ区民会館が残される事で採用されたのですが、大事なロビー(ホワイエ)や区民集会場も壊され音楽ホールだけが残されると言う中途半端な唖然とする案です!これは全く残す意味もない暴挙です。そもそも多くの区民が現在の区役所を保存し補修改造で使いたい!と望んでいました。そこでこんな中途半端な案が採用されたと言う訳です。

私達は近く壊されてしまう庁舎計画が進んでいる中、せめて区民会館だけは完全な形で残して欲しいのです。今!皆さまのお力をお貸しください‥

ここに来て一斉に様々な建築が壊されていく流れとなっています。同じ前川國男の晩年作である東京海上日動ビルや丹下健三の電通ビル等いとまがありません。一つ一つが名建築です!建築家を志している学生などがこれらの建築を実際に見ることができなくなるのは勉学上も将来的にも大変な損失では無いでしょうか?ヨーロッパを始めアメリカでも古い建物を残し文化を継承しています。そもそも日本では外国に類を見ない木造建築が未だに大変な努力と共に守られていて観光資源にもなっています。

私達世田谷区民は少なくともDOCOMOMOでも認定されている世田谷区役所の区民会館だけでも完全な形で残したいのです‥

皆様の力で建築遺産を完全な形で守りましょう。署名へのご協力をお願い致します。

 

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!