ペットショップでの犬、猫、小動物の生体販売をなくすための条例を作って下さい

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!


「命の余剰」を出さないために、生き物の店頭販売をやめ、譲渡の文化を根付かせるためのキャンペーンです。目的は各都道府県に「販売規制に繋がる条例」、具体的には「ペットショップで扱える生体は自治体シェルターからの保護動物のみとする条例」を作ってもらうことです。(流通の闇をご存知でない方は、下記の☆からお読みくださるようお願い致します。)

店頭販売をなくしたとしても、流通経路を全て遮断できるわけではありません。しかし、少なくともオークションで競り落とされる動物をなくし、市場に出回る頭数を抑制し、弾かれる命を減らすことができます。また、店頭販売で幼齢動物を安易に買ってしまう無責任な飼い主をなくすこともできます。

負の連鎖に加担することなく、ペットを入手する方法は…

・保護団体、保健所から譲渡してもらう。

・優良ブリーダーに予約し、生まれるのを待つ。

この2つに加えて、今後「自治体シェルターからの保護動物のみ扱うペットショップから譲渡してもらう」

を推進していきたいと思います。すでにペットショップの企業は生体販売より、動物関連サービスやグッズの方への転換期を迎えていると察しているはずです。またペットショップに任せるのではなく、保護団体との提携が必須であると考えています。具体策は進捗報告でお知らせ致します。

 

☆ショーケースに入った犬、猫に違和感はありませんか?

ペットショップで売られている犬、猫たちの裏では、ショーケースに並ぶ前の、“流通過程” で、1年に25000匹もの命が犠牲になっています。この数は保健所での殺処分数に含まれていないのです。

なぜこんなにも命の余剰がでるのかは次の通りです。

①繁殖所で大量に生産される→②セリ市に出される→③不良品や売れ残りが出る

店頭に並ぶ前にはじかれる命です。またボロボロになるまで繁殖に使われた子も処分の対象です。

保健所は業者からの犬猫は受け付けません。それで悪徳な “引き取り屋” に引き渡され、劣悪な環境でやがて息絶えたり、大量に遺棄される事件も多数起こっています。

温かい、血の通った、罪のない命です。せまいケージの中で、一度も空を見ることもなく、一生を終える。病気であろうと誰にも気づかれず苦しみ死んでいく。

「大量生産、大量廃棄」、ペットショップのショーケースに並べるために起きているこの流通システムを根本から変えましょう!闇に葬られる何万もの命をなくしましょう。

そもそも生き物を、野菜と同じように販売していてはおかしいのです。そんなあたりまえの倫理観に、もう私たちは気付かなければなりません。

2020年、東京オリンピックで、“成熟国家” “輝く東京” をアピールしても “生体販売” している日本は輝いて見えるのでしょうか?

このまま “まだまだ遅れた国” であり続けないためにも、東京オリンピックに目標を定めて “ペットショップの犬、猫の生体販売をゼロ” にするよう、今こそ声をあげましょう!

Petition to ban all pet shops from selling dogs and cats by the year of the Tokyo Olympics 2020!  Mass-produced, mass-dumped…  We have to stop this cruel cycle. 

No less than 25,000 dogs and cats (per year) are abused to die in the process of trading before being sold and more than 50,000 abandoned are sent to the brutal gas chamber every year in Japan. 

Your single click can change the current animal protection law and reform the pet industry of Japan. It’s high time for Japan, for Tokyo to change with the Tokyo Olympics close at hand!