このキャンペーンは終了しました

馬場英雄プロデューサーを二度とゲーム制作の場に関わらせないでください

3,015人の賛同者が集まりました


●バンダイナムコエンターテインメントに求めること

・馬場英雄プロデューサーの解任

・改めて、ファンが本当に求めているテイルズを作ってほしい

以上二点です。

●なぜ署名を募っているのか
・馬場氏が発信した事前情報と実際の商品の内容に相違点や、誤解を生むものが多々あった
・しかしその点に関して数ヶ月経っても明確な謝罪はなく、その問題の責任を他社に転嫁するような発言をした
・公の場での発言に、明らかに矛盾している点が幾つか見受けられる
・プロデューサーでありながら商品の問題に対しての対応が不十分

上記の点から商品製作に携わる者として相応しくないと感じました。このような人物が製作に関わるのは消費者として非常に不安であるため、今後製作へ関与させないために馬場氏解任の署名を募っています。

●署名に至るまでのおおまかな流れ
20周年記念のシリーズ集大成として発売されたが、ストーリーに矛盾が多い(*1)、難のあるバトルシステム(*2)、加えて発売前情報と明らかに異なる点(*3)が多く見受けられ発売直後から問題視の声が上がる。
説明を求めるファンを他所に、序盤で早々に離脱したアリーシャのアフターエピソード(1300円)の配信を発表(*4)。今までの比ではない騒動となり期間限定で無料となるが相変わらず説明はなく、公式は生放送予定をキャンセルしてまで沈黙を貫きネット炎上が加速。消費者センターへの通報、公式に問い合わせるものも出てくるがそれでも反応はなく、無告知アップデートによってバグが発生し始めても(*5)沈黙していた。バグは今日に至るまで治っていない。このため、署名サイトが立ち上がった。
署名開始後、発売から三か月ぶりにPへのインタビュー
という形で回答が示される。しかし、消費者の疑問を払拭
するものではなかった(*6)。

*1 「○しはダメだ!」という発言から一転、「○しこそ救い」という思想のキャラを躊躇なく仲間にする。敵キャラの○人は化物扱い。最終的に主人公も人を○す等、イベント毎に主義主張が変わり、主人公達が筋の通らない言動を繰り返す事態になっている。
*2 カメラアングルが悪く操作キャラを映さないことがある、戦闘参戦キャラは実質2人、味方AIがシステムを理解していないためすぐに戦闘不能になる、全体的に調整不足でシステムがきちんと機能していない。
*3 インタビューで「原点回帰、ドラゴン重要、主人公はスレイでヒロインはアリーシャで二人は固定、ロゼは同行キャラ、王道」といったことが広まったが、全てゲーム内容からはかけ離れていた。
*4 本編とDLCではキャラの性格が異なり、ダンジョンの移動時間を除けば数時間でクリアできる内容だった。
*5 3月5日に無告知でアップデートが配信される。内容の説明は無く、アップデート後からゲーム進行が不可能になるバグが発生した。 
*6 ユーザーは事前情報がまるで違うこと、バグに対する姿勢の悪さの説明と反省を求めていたがそれに触れることはなかった。

●馬場英雄プロデューサーについて
2001年にナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)に入社。
プロデューサーに就任してからは必ず他に製作プロデューサーがいて主に広報を担当していたため、単独で携わるのは「テイルズ オブ ゼスティリア」が初めてとなる。
ちなみにテイルズの生みの親は別にいて、彼ではない。

●問題点
上記以外にも多くの問題点があります。詳細を知りたい方は下記のサイトをご参照ください。
・【TOZ】テイルズ オブ ゼスティリアの不満点・問題点まとめwiki 
 http://www63.atwiki.jp/tozsougimirror/

・登録をしないとコメントすることが出来ない公式掲示板 
 http://tales-ch.jp/community_detail.php?topic_id=136714


●署名について
署名の締切は8月1日です。
コメントをする際には○ねなどの下品な言葉は控えるようお願いします。キャラ名などもお控えください。
どちらも、切実で真面目な思いが伝わるのを阻害してしまう可能性があります。

●Q&A
Q.住所書き込んで問題ない? 署名したほかの人に見られないか心配
→郵便番号くらいなので大丈夫です

Q署名を公開することに抵抗を感じるんだけど
→「署名をChange.orgで公開する」のチェックを外せば大丈夫です
ご協力を賜りますようお願い致します。

英訳文

For BANDAI NAMCO Entertainment

Don't make the producer,Mr.Hedeo Baba,concerned with the game production.

What we demand BANDAI NAMCO Entertainment to do.

Dismissing the producer,Mr.Hedeo Baba.

Considering the users and working on the game production.

Why we conduct a signature collecting campaign?

There were differences between the information provided by Mr.Baba and the contents of the game.

His information caused a lot of misunderstandings.

However,he didn't show a definite apology for the problem a few months passed and even blamed other companies for it.

Clearly,his remark in public includes contradictions.

Though he is a producer,he dealt inadequately with the product problem.

The deadline of the signature is August 1.



今日:広瀬さんがあなたを必要としています

陽 広瀬さんは「バンダイナムコゲームス: どうか誠意ある対応をお願いします」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!広瀬さんと3,014人の賛同者と一緒に賛同しましょう。