トルコにおける山火事を防ぐための緊急行動計画を!

トルコにおける山火事を防ぐための緊急行動計画を!

0 人が賛同しました。もう少しで 200,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が200,000に届きます!

発信者:Hisar Uyar 宛先:トルコ林業農業省

Turkish   German   English 

山火事を未然に防ぎ、将来を守るための「緊急行動計画」を要請します。私たちの基本的な要求は、より多くの消防飛行機とヘリコプターではるかに短い時間で森林火災を制御することです。

トルコには十分な数の消防飛行機とヘリコプターがないため、早期の介入で消火することができませんでした。残念ながら、特にマルマリス、マナウガト、ケイセイズなどの地域では、陸路で焼けた場所に到達するのが難しいため、強力で迅速な空気介入がいかに重要であるかを、私たちはこの苦い経験から、学びました。

7月28日から8月10日までの14日間で、トルコの53の州で275件以上の火災が発生しました。14日間で失った森林面積は、過去20年間に山火事で破壊された森林面積とほぼ同等の面積です。火災の大部分は鎮火されましたが、新たな火災が発生し続け、残念ながら、火災が発生するたびに数百万の動物、植物、樹木が死滅し、短期的には自然に不可逆的な被害をもたらします。

緊急の行動計画が必要なのです!燃える森とともに、動物は死んでいきます。動植物は住宅地と同様に被害を受けています。

トルコではいま、山火事の数と1回の火災で燃える森林面積が急速に増加しています。

  • 林業総局のデータによると、過去11年間の森林の焼失量は98.950 haであり、これは181haのイスタンブール表面積に相当します。
  • 2020年には、3,399の火災で、20,971ヘクタールの森林地帯が焼失しました。これは29,350のサッカー場に相当します。
  • 未報告の火災の量は、過去5年間の46%から51%に増加しました

私たちは、森林保全にむけた、効果的で、適用可能で、安定した、透明な火災行動計画を要求します。

火災を防止および制御するための行動計画には、主に次の項目を含める必要があります。

  • 地上の対応をスピードアップする形で、火災観測塔と防火センターを拡張する
  • 火災が拡大する前の迅速な空からの対応を行うための飛行機やヘリコプターの購入または貸し出しの条件は、現状よりもより効果的な基準にする
  • 林業の専門家チームを設立する
  • すべての森林地域を特定し、林業原則に従って森林の境界線を引く。また、焼失した地域が火災後に再植林されるという憲法上の保証を実施する
  • 山火事を防ぐために必要な対策を増し、山火事に関するデータの調査と透明性のある一般への開示をする
  • 消防に必要な設備と従業員の数を増やす
  • 火事を起こした者に刑事制裁と罰則を例外なく適用する
  • 林業総局による既存の消防航空機、設備および人員についての公衆への通知をする
    消防航空機と消防訓練を受けた要員の数を増やす

調査結果によると、森林火災の87%は人間が原因です。森林地域の破壊や森林火災の最大の原因は建設やエネルギー投資などのさまざまなプロジェクトへの森林地域の利用と言われています。

私たちの未来のために一歩前進しなければなりません。そしてその一歩を踏み出すのは今です!

私たちのキャンペーンに賛同、または、このリンクをあなたの大切な人と共有して、ぜひこの問題を解決に導く大切な一員になってください:www.change.org/GelecegimizYanmasin

できるだけ早く「緊急行動計画」を作成することが重要です。ソーシャルメディアのハッシュタグ#GelecegimizYanmasin を使用して投稿を共有してください。

今すぐ賛同し、人と自然の声を届けましょう!

0 人が賛同しました。もう少しで 200,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が200,000に届きます!