TAKE THATの結成30周年記念ライブを日本の映画館で観たい!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


●TAKE THATの結成30周年記念ツアーのライブ上映を日本で観たい!

2019年4月、本国イギリスやヨーロッパ各国で今でも爆発的な人気を誇り、90年代に日本でも人気のあったテイクザットの結成30周年記念ツアー「Greatest Hits Tour」がまもなくスタートします。

イギリス38公演とヨーロッパ14公演の全52公演。このうちイギリス国内公演の最終日である6月8日のスタジアム公演の様子がイギリス・ヨーロッパ各地の600もの映画館でライブ上映されることが、日本時間2019年3月12日に発表となりました。

イギリス本国の配給元は、さらに上映国・上映館を増やす予定でいると公式ツイッターにてアナウンスしていますが、時差の関係上同時上映が難しい日本での開催は現時点では決まっていません。

『同時上映が無理ならば、後日開催はどうだろうか?』

『私たち以外にも開催を望む人はたくさんいるはずだ!』

開催実現のために自分達にできることは何かと考え、私たちは日本でのライブ上映開催を訴えるべく署名活動をすることにしました。

テイクザットからライブ上映開催についてメッセージ動画

 

●日本でのライブ上映開催の実績があります!

そもそも、日本でのライブ上映は可能なのか? 

決して実現不可能なことではないと考えています。

というのも、2015年に行われたツアー「Ⅲ Tour」では、イギリス・ヨーロッパの映画館のみならず、世界各国、そしてここ日本の全国の映画館でも一週間限定でライブ上映が行われたという実績があるからです。

今これを読んでいるみなさんの中にも映画館へ足を運んだという方が大勢いるのではないでしょうか? 色鮮やかなテイクザットのショーが今でも脳裏に焼き付いているはずです。

『テイクザットのライブ上映を再び日本へ!』

『あの夢のような一週間をもう一度味わいたい!』

あの日の感動が心に蘇ったのであれば、ライブ上映実現のための署名にご協力ください。

 

●TAKE THATのショーはクオリティの高さに定評があります!

日本からイギリスへライブを観に行くことは物理的にも金銭的にも簡単なことではありません。日本のテイクザットファンの長年の夢である来日公演実現の可能性があったであろう結成30周年記念のワールドツアーは、メンバーの家庭の都合により、発表前にキャンセルとなりました。

このような厳しい状況だからこそ、日本にいながらクオリティの高さに定評のあるテイクザットのショーを体感できるライブ上映はとても貴重なものとなります。

『テイクザットの豪華絢爛一大スペクタクルな臨場感あふれるショーを日本で観たい!』

『大勢の仲間たちと共に歌い踊り、興奮と感動を共有したい!』

『来日公演が無理ならば、せめてライブ上映だけでも!』

私たちの思いに少しでも共感していただけたのであれば、ライブ上映実現のための署名に協力ください。

 

●誰でも一度はTAKE THATの音楽を耳にしています!

ところで、テイクザットと聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

1995年の代々木体育館での来日公演ですか?(⇒1996年に一度解散しています)

2007年の昼の生放送長寿番組のエンディングゲストに登場しPatienceを披露したことですか?(⇒2006年に再結成しています)

2012年のロンドン五輪閉会式でのパフォーマンスですか?(⇒トリで出演し、映画「スターダスト」の主題歌Rule The Worldを披露しました)

それとも、2011年公開の映画「X-Men First Class」(邦題「X-MENファースト・ジェネレーション」)の主題歌LOVE LOVEや、2015年公開の映画「キングスマン」の主題歌Get Ready For Itなど、楽曲を思い浮かべた方もいるかもしれません。

上記以外にも、2007年には日本のテレビ番組のエンディング曲にPatienceが使用されましたし、新しいアルバムが発表されればラジオで曲が流され、某ファストファッション店の有線放送ではテイクザットやメンバーのソロ曲が今でもよく流れています。

また、朝の情報番組のワンコーナーではこれまでに何度も彼らの曲が使用され、今年に入ってからは最新アルバムOdysseyから先行発表となった新曲Out Of Our Headsのミュージックビデオを背景に天気予報が流れる(これはイギリスのテレビ番組ではなく日本のテレビ番組でのことです!)という奇妙な現象まで起きました。

いかがですか? 「もしかしたらアノ曲が……」となりましたか?

テイクザットという名前を知らなくても、きっと、誰もがどこかで一度はテイクザットの歌声を耳にしていることでしょう。

 

●TAKE THATの結成30周年を日本で祝おう!

結成から30年。

1995年を最後に日本でのライブはありませんが、テイクザットの楽曲はつかず離れず私たちのそばに、そしてあなたのそばにいます。

30年の軌跡をまとめたベストアルバムOdysseyを提げたGreatest Hits Tourがもう間もなくスタートします。

『スタジアム公演のライブ上映を日本でも! 』

私たち一人ひとりの力で実現させましょう!

そして、彼らの30年を一緒に祝いましょう!

#TTLiveCinemaInJapan このハッシュタグと共に拡散してください。

 

TAKE THAT

テイクザット(ユニバーサルミュージック内)

CinemaLIve

 

===============================================

In April 2019, TAKE THAT, the British boy band are celebrating their 30th anniversary with their Greatest Hits Tour and their latest album “Odyssey” containing songs from their 30-year journey.

They remain extremely popular, not only in their home country but also right across Europe. And in the 1990s, they had a huge fan base here in Japan as well.

The tour will consist of a total of 52 shows, 38 in the UK, of which 9 are in stadiums, and 14 in Europe. The last show of their UK leg, to be held at Cardiff Principality Stadium on 8th June, will be streamed LIVE to over 600 cinemas across the UK, Ireland and other European countries.

CinemaLive, the UK distributor, say on their official Twitter account that they intend to add more cinemas in other countries. However, because of the 8-hour time difference, it seems impossible to broadcast live here in Japan.

With this in mind and thinking about what we can do to make this happen, we have decided to set up a petition at : https://www.change.org

If you would like CinemaLive to add Japan to their list of countries, please, please sign our petition.

 

●TAKE THAT’s live show was screened in Japan in 2015.

If you are wondering whether or not it is really possible to have live screenings in Japan, the answer is a clear YES, because in 2015, the TAKE THAT III tour was screened live throughout Japan, including Tokyo, for a whole week.

Perhaps you are one of the fans who saw it back then?

Would you like to enjoy one of TAKE THAT’s renowned high quality productions again and rekindle the joy of seeing their stunning stage performances once more?

Originally, this 30th anniversary tour was planned as a world tour and we were all looking forward to TAKE THAT coming to Japan for the first time in 24 years, but unfortunately, due to unforeseen circumstances, their tour is now only in the UK and Europe. That means we fans in Japan will have to wait even longer for our last hope of seeing TAKE THAT live to come true.

Disappointing, but we still have high hopes for live screening, which is so much more accessible than flying to the UK for one of their shows.

If you want to experience the exhilarating spectacle of seeing a TAKE THAT performance LIVE and share the excitement and emotion with other fans in Japan - please sign our petition now.

 

●The more who sign, the greater the chance of us making this happen.

TAKE THAT last came to Japan in 2007 on a promotional tour, with their last performance here being 24 years ago, despite that, their music has lived on in our memories to become the sound tracks of our lives. Even if you don’t know TAKE THAT, you’ve probably heard their music once or twice.

Just think how wonderful it would be if our signatures could make live screening happen. Think of the immense joy it would bring to the thousands of TAKE THAT fans here in Japan, for whom this may be the last possible chance to see such an iconic band LIVE.

 

●Please help us to make this happen by signing our petition.

Thank you all very much.