宛先: ジョン・ポンベ・マグフリ タンザニア大統領 と1人の別の宛先

人も森も守っていないキリマンジャロ国立公園。タンザニア政府に国立公園拡大政策の見直しを求めます!

0

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!

(English Translation Below)

世界遺産キリマンジャロ山では2005年、森林保護を目的として、森林帯のすべてを国立公園に取り込む措置がとられました(面積75,575 ha→183,181 haに拡大)。

しかしいま、この国立公園の拡大が、森林に沿って暮らしてきた10万人を超す村人たちの生活を窮地に追いやっています。そればかりか、森すら守れない状況をキリマンジャロ山に生み出しています。

●地域住民を苦しめる国立公園
国立公園に取り込まれた森林帯には、それまで村人たちの生活を支えてきた“ハーフマイル・フォレスト・ストリップ”(面積8,769ha。以下HMFS)と呼ばれるバッファゾーンの森が含まれていました。このHMFSは、地域住民が日々の基本的ニーズ(煮炊き用の薪や家畜のための草など)をまかない、生活を維持していけるようにするために設けられた特別な森でした。

しかしタンザニア政府は2005年、森を守るためとして、そのHMFSをすべて国立公園に取り込み、武装ワーデンを配置。彼らは女性、子どもに対してさえ暴行をふるい、住民の森林利用からの徹底排除に乗り出しました。

自然を守ることは大切です。しかしそのためにそこに暮らす人々の生活権や人権は無視されても良いとする政策は間違っています。

●森を守れるのは/守ってきたのは誰?
キリマンジャロ山の森林に関する多くの研究は、HMFSの森がもっとも良く守られていたのは、その管理が地域住民の手に委ねられていた時期(1941年~1961年)であったことを明らかにしています。この期間、住民たちによって約450haの植林が取り組まれました。

しかし1962年にその森が政府管理下に移されると、政府はHMFSの商業林としての経営を重視する政策をとり、森林の伐採が進みました。HMFS移管後の30年間に政府は245haの植林をしましたが、伐採面積が植林面積を上回っていたことが報告されています。

そしてこのようにして山肌に広がった裸地に森林を回復するため、一貫して植林に取り組み続けたのも地域住民たちだったのです。ところがその植林さえ国立公園編入後は違法行為とされ、住民は政府によって植林を禁じられてしまいます。

このような国立公園拡大政策は森からその最大の守護者を追い出したに等しいもので、政策としての合理性、妥当性をまったく欠いています。

●国立公園は森を守れない
国立公園法は、何人たれ国立公園内に侵入することを禁じています。しかしその法によって村人たちのニーズが消える訳ではなく、彼らは生きていくために森に“不法侵入”し続けるしか選択肢がありません。法を無視して侵入し続ける村人たちという現実を前に、遂に政府は国立公園法が許さない“不法侵入”に一部で目をつぶらざるを得なくなります。

政府さえ遵守できない法のもとで森を管理することの矛盾は明らかで、この国立公園の拡大政策はその目的とする森も守れず、人々を苦しめるだけのものになっています。

●世界の力を
私たちはタンザニア政府に対して、HMFSに対する国立公園拡大という誤った政策を直ちにあらため、キリマンジャロ山の人と森を守るために以下を実行することを求めていきます。
 (1) バッファゾーン(HMFS)からは国立公園を外すこと
 (2) もっとも森を守ってきた地域住民主体による森林管理をバッファゾーン(HMFS)で実現すること
 (3) 政府はその森林管理を森林条例等によって法制化し、保証していくこと

 宛 先 : ジョン・ポンベ・マグフリ タンザニア大統領
      UNESCO世界遺産委員会
 提出時期: 2017年8月を予定

みなさまの署名によるお力をぜひお貸しください!


参考リンク
・タンザニア・ポレポレクラブ: http://polepoleclub.jp/
・タンザニア・ポレポレクラブ(フェイスブック): https://www.facebook.com/TanzaniaPolePoleClub
・消えた住民たちの森: http://polepoleclub.jp/voice.html
・世界への訴え: http://polepoleclub.jp/voice2.html

・クラウドファンディング「世界遺産に想いの乗った木を植え、人と森、動物たちを守りたい 」: https://readyfor.jp/projects/eden

 *********************************************************************************************************

 National Park on Kilimanjaro with no protection of people and forest. Tanzanian Government: Please amend its expanded policy

On a World Heritage Mt. Kilimanjaro, a measure to incorporate all of the forest zone into the National Park was taken in 2005 for the purpose of conservation of the forest (area 75,575 ha→183,181 ha).

However, this extension of the National Park has now forced a livelihood of more than 100,000 villagers having been living along forests into a predicament. And not only that, it has been creating a state to be unable to protect even forests on Mt. Kilimanjaro.

●The National Park to make community people suffer
In the forest zone incorporated into the National Park, forests of a buffer zone called the “half-mile forest strip” (HMFS: area 8,769 ha) was included. This HMFS was an exceptional area placed to cover daily basic needs (such as firewood for cooking and fodder for livestock) of community people in order to maintain their lives.

However, the Tanzanian Government implemented a policy to incorporate all of the HMFS into the National Park in 2005 on the pretext for conservation of the forest and eliminated local residents from forests.

Needless to say, it is important to protect nature. However, a policy to neglect people living there is wrong.

●Who had conserved and can conserve forests?
Plural researches and studies on forests of Mt. Kilimanjaro have pointed out that the time (1941-1961) when forests within the HMFS had been most conserved was the days for the management of forests to have been entrusted by local residents (the forested area: approximately 450 ha).

However, after the forest was placed under Governmental control in 1962 (the forfeiture of the right of common at this stage, instead of the incorporation into the National Park), the Government adopted a policy to focus on the commercial use of forests, and deforestation advanced. Although for 30 years after the forest had been transferred to its control, the Government had afforested areas of 245 ha but it is said that logging areas had exceeded forested areas.

Under the situation, people who had continued to afforest bare hillsides were local community residents. However, the Government prohibited even such efforts by local residents as illegal activities in the National Park.

Incorporation of the forest into the National Park can be said to be even equal to a measure to have curtailed guardians from forests, which loses utterly its rationality and appropriateness as a policy.

●The National Park is unable to preserve the forest ! 
The National Parks Law prohibits for anyone to trespass on the forest. Villagers have been prohibited even to plant trees as illegal behavior after incorporation of the forest. However, as it does not mean that needs of local residents disappear by the Law, they have no choice but to continue to trespass ‘illegally’ on forests for the purpose of maintaining their livelihood. In the face of reality that villagers continue to trespass on forests neglecting such Law, the Government has begun to close its eye partly to ‘trespassing’ which the National Parks Law does not allow. It is in apparent conflict to manage the forest under the Law which even the Government is unable to comply with.

●Please give us a hand of the world
We will urge the following to the Tanzanian Government to amend the wrong policy of the expansion of the National Park to protect local residents and the forest of Mt.Kilimanjaro: 

 (1) To eliminate the buffer zone (HMFS) from the National Park
 (2) To realize the forestry management by local resident initiatives at the buffer zone (HMFS)
 (3) To position the management of the buffer zone (HMFS) by local resident initiatives as a
   core of a forestry management policy and to enact this as a law such as a forestry ordinance.

For this purpose, please do extend your helping hand by a signature!

* Your advocates for sharing and diffusing of this article are kindly requested!

Reference web pages
・Tanzania Pole Pole Club: http://polepoleclub.jp/index-english.html
・Tanzania Pole Pole Club (google+):  https://plus.google.com/103661166384991650622/
・Lost Forests of Inhabitants: http://polepoleclub.jp/lost_forests.html
・"What is right ?": http://polepoleclub.jp/voice-english.html

・(Crowd-funding) "Save the people, forets and animals on the World Heritage site of the Mt.Kilimanjaro by planting trees": https://readyfor.jp/projects/eden

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • ジョン・ポンベ・マグフリ タンザニア大統領
  • UNESCO世界遺産委員会


    Tanzania Pole Pole Club さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では93名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Tanzania Pole Pole Clubさんがあなたを信じています

    Tanzania Pole Pole Clubさんは「タンザニア連合共和国大統領:  人も森も守っていないキリマンジャロ国立公園。タンザニア政府に国立公園拡大政策の見直しを求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Tanzania Pole Pole Clubさんと92人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。