キャンペーン成功!

スマホのシャッター音を消せるようにしよう!

22人の賛同者により、成功へ導かれました!


あなたはスマートフォンで写真やスクリーンショットを撮影する時に大きな音が鳴って困ったことはありませんか?

例えば私は、大学の講義中に資料のスライドをスマホで撮影する学生がいました。先生は資料が複雑なため、写真を撮ることを許可していましたが、学生や先生は、何度も鳴るシャッター音に不快そうな表情を浮かべていました。私も講義に集中できず、この問題を提起するきっかけになりました。

さらに、電車内や美術館などの音の出せない公共の場所でスクリーンショットを撮影した時に周りから白い目で見られたり、深夜にシャッター音で家族を起こしてしまったり、ペットの写真を撮影する時に驚かせてしまうなど、あなたも経験があると思います。

 

しかし日本人はカメラからシャッター音がするのは当たり前だ。と認識しており、誰もこれを問題だと思ってきませんでした。

しかし、スマートフォンから強制的にシャッター音が鳴るのは日本のみであり、海外ではマナーモード中は音はなりません。

さらに、シャッター音の強制をする法律は無く、「公共の場において音のしないカメラで隠し撮りをした場合」のみ迷惑防止条例違反になります。

 

ではなぜ日本でカメラ付き携帯電話のシャッター音が強制されたのでしょうか?

元々日本でカメラ付き携帯電話が誕生した頃、製造したメーカーが、シャッター音を強制するか悩んでいたところ、タレントの一人が盗撮で捕まったとの報道を聞きつけ、盗撮をメーカー側の責任にされないように、とシャッター音を強制したのが始まりでした。他のメーカーもこれに続く形で今日まで至ります。 

確かに、日本は盗撮の被害も多く、女性を守るために携帯電話のシャッター音の強制は大きく成果を上げていたと思います。

 

しかし、スマートフォンなどのハイテク機器が流通している現代において、シャッター音を意図的に消すことはとても容易になってしまっています。スマートフォンでは、私の中学生の妹でもシャッター音のしないカメラアプリをインストールして、撮影することができてしまいます。盗撮犯であれば、超小型カメラの購入や作成も容易であり、現在では、シャッター音の強制での盗撮の防止はとても難しいと考えます。

せっかくハイテクな社会になったのですから、盗撮を防止するためには、監視カメラの強化や、スマートフォンの角度や写っている被写体などから盗撮を検知するなど、別の観点からの対策が必要だと考えます。

 

製造メーカーは、日本で当たり前になっているシャッター音の強制を廃止することで、ユーザーから責任を問われないように現在でもシャッター音を強制せざるおえなくなっています。

悪いのは製造メーカーではなく盗撮犯です!

ごく一部の犯罪者のために、不便な生活を強いられないように、私達で声を上げましょう!



今日:Harikaeさんがあなたを信じています

Shouta Harikaeさんは「スマホのシャッター音を消せるようにしよう!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Harikaeさんと21人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。