スターバックスさん:鶏の虐待的飼育方法を中止してください

0 人が賛同しました。もう少しで 200,000 人に到達します!


スターバックスは私たちにおいしいコーヒーを提供するだけでなく、地域コミュニティーへの貢献や社会問題解決のための活動を行っています。しかし、スターバックスの国際的なサプライチェーンで苦しめられている何百万もの採卵鶏に関しては、十分な対策が取られているとは言えない状況です。


スターバックスは現在も鶏たちを苦しめるケージ飼育をサポートしています。
ケージ飼育では、鶏たちは狭くて汚いケージの中に閉じ込められます。ケージはとても狭く、鶏でぎゅうぎゅう詰めにされているため、鶏たちは鶏にとって自然で、大切な行動をとることができません。体の一部がケージに挟まり、骨折したり、骨が変形してしまったりすることが頻繁に起きています。羽が大量に抜け体は、ぼろぼろになっていきます。このような状況で疲れ果ててしまったり、動くことができなくなってしまった鶏が、他の鶏たちによって踏みつぶされて死んでしまうということもあります。


世界中で、何百もの企業がケージ飼育を廃止しています。ネスレ、インターコンチネンタルホテルズ、コンパス・グループは日本も含めて、その他ジェネラル・ミルズ、ユニリーバ、リドル、アルディ、ウィンダムワールドワイド、アラマーク、ソデクソ、モンデリーズなどの国際的な大企業が、この残酷なケージ飼育を廃止すると発表しています。


スターバックスの経営理念には、「今、我々の責任と、社会のために善行を行う能力はより大きくなった。世界中が、スターバックスがもう一度、新たなスタンダードを確立することを期待している。我々は世界を先導してゆく。」と書かれています。しかし、アニマルウェルフェアに関してスターバックスは後れをとっています。今、世界は、スターバックスが最小限のアニマルウェルフェアの基準を満たすこと、世界中の飲食業界において、畜産におけるひどい虐待的飼育の廃止を先導していくことを期待しています。


スターバックスに、このような虐待的飼育をやめてほしいという意思を示すために、この署名にサインしてください。

 



今日:アニマルライツセンターさんがあなたを信じています

アニマルライツセンターさんは「スターバックスさん:鶏の虐待的飼育方法を中止してください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!アニマルライツセンターさんと154,836人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。