「風邪でも絶対休めないあなたへ」というエスタックのキャッチコピーはやめてください

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!


新型コロナウイルスが蔓延する中、社会は体調が悪くなった時は外出を自粛するようにすすめています。「風邪でも絶対に休めないあなたへ」というキャッチコピーは従来からの、風邪でも頑張って出社することが賞賛された時代の名残であり、いまだに体調が悪くてもやっぱり会社にいかなくてはならないというイメージが払拭できておりません。

これを機会に、「風邪でも絶対に休めないあなたへ」というキャッチコピーを再考いただき、風邪の症状が出たら、無理せず自宅で静養して、このお薬で回復を待ちましょう。また、症状が長引く場合は、医療機関に相談しましょう。と言ったニュアンスのキャッチコピーへの変更をお願いいたします。

私たちの世代は、風邪を引くのは自己管理の不備からと言った自己責任の思考や、風邪くらいで会社を休んでは、周りの人に迷惑をかけるという風潮があり、長く支持されてきました。そのような時代背景もあり、私自身もこのキャッチコピーに違和感なく育ってきました。しかし、時代は変わりつつあります。

今回の新型コロナウイルスの報道からも、風邪の症状を持ったままの移動は、かえって周りの人に迷惑をかけてしまいますし、今後も風邪をひいたら無理せず出社しない雰囲気を、ぜひ製薬メーカーの方からも発信いただけたらと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。