にじさんじ所属ローレン・イロアスの処遇及び今後の運営方針について

にじさんじ所属ローレン・イロアスの処遇及び今後の運営方針について

開始日
2022年6月13日
現在の賛同数:1,264次の目標:1,500
声を届けよう

この署名で変えたいこと

署名の発信者 本倉 蓮

この度、ANYCOLOR社が運営しているにじさんじプロジェクトに所属しているバーチャルライバー ローレン・イロアスが自己の配信にて差別的な発言を行った事に関し、明確な事実説明と適切な処分、所属配信者への更なるコンプライアンス指導を求めるものです。

ローレン・イロアスは本年3月にもアダルトビデオ違法視聴、違法ダウンロード疑惑を認めた上で活動自粛をしております。約1ヶ月の自粛後に活動復帰し、おおよそ3ヶ月後のゲーム配信にて「ファビョる」という人種差別的な意味合いを含む発言をしたことで、先日再びの謝罪に至りました。

ライバーのコンプライアンスに悖る行動・発言はANYCOLOR社が上場する以前から散見されてきました。
ライバーが生配信をメインに活動していることが多い以上、配信上の咄嗟の発言だとしてもイメージを損なわず、よりタレントとして配慮した言動を洗練させることはANYCOLOR社の義務であると考えます。
また、複数回所属ライバーへのコンプライアンス指導をしたとの文面が発信されておりますが、ローレン・イロアスは今回の人種差別的発言以外にも複数回の差別発言を配信上で行っています。これはANYCOLOR社のコンプライアンス指導が十分ではないという証左ではないでしょうか?

差別発言を軽視して笑い事にしたり、謝罪とアーカイブの非公開で済ませるという態度で差別発言の容認に加担することを、我々は望みません。
以上をもって、自主謹慎、コンプライアンス指導をしたという文面だけではなく、ライバー教育の抜本的な見直し、及び処罰の厳罰化による危機意識の喚起を運営に求めるものであります。

 

In English

We are writing to request a clear explanation of the facts, appropriate disciplinary action, and further compliance guidance for the virtual live streamer Lauren Iroas, who is a member of the Niji-sanji Project operated by ANYCOLOR, regarding the discriminatory comments he made in him own stream.

Lauren Iloas has admitted to allegedly illegally viewing and downloading adult videos and refrained from activities as recently as March of this year. He resumed him activities after about a month of self-restraint, and about three months later he made the racist comment "Fabio" in a video game streams, for which he recently apologized again.

The streamer's non-compliant behavior and comments have been seen since before ANYCOLOR went public.
As streamers are often active mainly in live stream, we believe that it is ANYCOLOR's duty to refine their words and actions to be more considerate of their talent without damaging their image, even if it is a spur-of-the-moment comment made on the stream.

In addition to the racist comments, Lauren Iroas has made numerous homophobic, misogynistic comments on his channel. Is this not proof that ANYCOLOR's compliance guidance is not sufficient?

We do not wish to be complicit in condoning discriminatory remarks by make fun of them, or by taking the attitude that an apology and a private archive will suffice.

With the above in mind, we call on the management to not only issue a statement of voluntary suspension and compliance guidance, but also to fundamentally review the education of the livers and raise awareness of the danger by making the punishment more severe.

声を届けよう
現在の賛同数:1,264次の目標:1,500
声を届けよう