すかいらーくさん、フォアグラメニューの廃止をお願いします。

すかいらーくが全国にチェーン展開するファミリーレストラン、ガストやジョナサンが、継続してフォアグラメニューを出しています。フォアグラ生産者から30数トンのフォアグラを買い付けてもいます。30数トンというと、鳥5万羽分以上です。

フォアグラは、アヒルやガチョウたちに、一日体重の1/4から1/3の量の餌を、吐き出せないよう、長い棒で、胃まで直接流し込む「強制給餌」によってつくられます。この強制給餌は2~3週間続けられます。

すかいらーくのフォアグラはIGP認定のフォアグラと記載されていますが、IGP認定は生産地の保証であり、動物に良い飼育を行うことを意味するものではありません。全てのフォアグラ生産において、強制給餌が行われています。

強制給餌が行われていることは、すかいらーくも承知しています。そのうえで「残酷ではない強制給餌」が行われていると考えているようです。

しかし「残酷ではない強制給餌」は存在しないと私たちは考えます。
下記の動画は、IGP農場で撮影された強制給餌です
https://www.youtube.com/watch?v=uKc6g12IzK0

強制給餌は、殆どの欧州連合加盟国で禁止になっています。
かつて世界第4位だったイスラエルは、すでに自国におけるフォアグラの強制給餌を禁止。現在は強制給餌されたフォアグラの「輸入販売」も禁止すべきではないか、との議論が行われています。

2013年10月 英国amazonはWebサイトでのフォアグラの販売を禁止。

2014年1月 フォアグラの販売をデンマークで唯一継続していたスーパーマーケットチェーンが、その取り扱いを中止。

2014年1月 ファミリーマートがフォアグラ弁当の発売中止。

2014年7月 インド フォアグラの輸入を禁止。

アパレル業界にも動きは広がっています。
The North Face、 Patagoniaのような、アウトドアブランドのいくつかは、フォアグラの強制給餌が行われたダウンを使用しないことを表明。
日本でも、ユニクロが2013年の秋冬商品からは、フォアグラにされた鳥のダウンは使用していません。

残酷なことをなくしたいというのは多くの人の望むことです。

私たちアニマルライツセンターが昨年に行った畜産動物に関する意識調査では、フォアグラの生産方法を知らなかったと答えた人のうち、「フォアグラを食べたくない」と答えた人は51.5%、「あまり食べたくない」と答えた人は22.6%であり、74.1%の人がフォアグラに対する拒絶感を示しています。


すかいらーくでは、現状フォアグラの廃止はしない、しかし、引き続きフォアグラの販売についてさまざまな意見を聞いて検討してくれる、とのことです。
フォアグラ廃止という、動物に優しい選択をしていただけるよう、署名を届けたいと思います。

This petition will be delivered to:
  • すかいらーく

    アニマルライツセンター started this petition with a single signature, and now has 14,391 supporters. Start a petition today to change something you care about.