このキャンペーンは終了しました
宛先: NHK籾井会長以下全幹部役職員

NHKを「アベチャンネル」にするな! 籾井会長は即刻辞任せよ! ~NHK退職者有志の手紙に賛同を~

4,005
人の賛同者

 私たちNHK全国退職者有志は、NHKニュースの安全保障関連報道を見て「政治部はいつから安倍政権広報部と看板を掛け替えたのか」と強い危惧と怒りを禁じえませんでした。そこで幹部役職員230名あまりに、公共放送NHKが『政治権力』とでなく『市民』と手を携えて歩むことを求めて書簡を送りました。

 昨年には、NHK退職者2,000人余りで、NHK経営委員会に「籾井会長の罷免」を求めて立ち上がり、今も行動を続けています。

 NHK幹部に送った私たちの手紙に、視聴者・市民のみなさんの賛同を呼びかけます。

 集まったみなさんの声を再びNHKに届け、「政権寄り報道」の是正と籾井会長の辞任を改めて強く迫りたいと思います。

~~~~~~~~~~~~NHK幹部に送った手紙~~~~~~~~~~~~~

                                          2015年9月30日

NHK役員および幹部職員の皆様へ                                                

                                       NHK全国退職者有志 

 日ごろ、国民のための放送を目指し、ご清栄のことと存じます。

 私たちは、籾井現会長の就任後の言動に危機感を深め「NHK全国退職者有志」として、NHK経営委員会に「会長の罷免」を要望してまいりました。その賛同者は、現在2000名を超えております。その後の経過を見ておりましても、籾井氏には、言論人としての矜持もなく、NHKのトップに立つ資質を疑わせる事態の頻発に終始されておりますことは、真に残念というほかありません。

 わたしたち「NHK全国退職者有志」は、日本社会にとって、公共放送としてのNHKが必要だと思っています。

 

 日本の社会は、今、戦後70年のレジームを書き換えようとする政治勢力に翻弄され、大きな転機に立たされているとの認識はおありでしょうか。その認識に立てば、国会での安保法制の審議状況を国民にわかりやすく、与野党対立の論点を明確に示して、国民が判断できる情報を提供することが最大の課題ではなかったのでしょうか。憲法を軽視してやまない現政権に追随するNHKの姿勢を「アベチャンネル」「国営放送」と糾弾する声にどう応えますか。

 あなたは、8月25日(火)の夕方、全国から集まった1000人を超える市民が、NHK放送センターを取り巻き、NHKの放送姿勢を糾弾する声を上げ続けた事実をどのようにご覧になりましたか。

 いま、NHKを取り巻く状況は大きく変わりつつあります。NHKニュースと報道番組への国民的不信の拡がりです。優れた数々の番組を放送されていることは、承知の上で申し上げますが、籾井会長就任以降、とくに、政治番組、ニュース報道に関して、政権寄りで批判精神が欠落してきていることは、多くの識者が指摘するところです。特にこの度の安保法制の報道に関して、国会でどのような議論が行われてきたのか、国民が判断できる情報を伝えることが出来たとは思えません。また、1週間にもわたって、国会を取りまき、安保法制反対を訴え続けた市民たちの動き、特にSEALDsを中心とした若者たちの立ち上がりの事実をどのように伝えましたか。規模においては、60年安保改定時の大衆行動に匹敵し、しかし質的には、組織的動員ではない全く異質の自律した市民集団であるという認識をお持ちでしょうか。さらに、NHK社会部が行った「公法学会への『安保法案』についてのアンケート」結果の扱いに関して、このアンケートに協力された学者からクレームがついていますが、どのような対応をなさるのですか。

 私たちは何としても、公共放送NHKは、民主主義社会を支える言論機関として、政治権力に追随するのではなく、国民の声の高まりに耳を傾け、「国民の知る権利」に応える姿勢を明確にされることを期待します。

 市民運動の矛先は、「会長否認」から「放送批判」「受信料支払いの留保」「NHK役職員批判」へと変わってきているという認識をあなた方はお持ちでしょうか。

会長の言動が、職場を委縮させ、職場の創造性を圧殺していることはありませんか。特にこの度の、「安保法制国会」の放送に関して、放送の現場が「会長命を忖度して」ジャーナリストとしての誇りをかなぐり捨ててしまったのではないか、ということを恐れます。それは、言論機関としての倫理的頽廃ではありませんか。

 現場からは、「国会周辺の抗議デモや、SEALDsなど若者たちの動きを取材して、現場管理職がOKを出しても、放送総局長など上層部からのクレームで放送中止や、延期があちこちで起こっている」という声が聞こえてきます。

 職場に創造的な活力を取り戻し、自由な言論活動が保証されることを切望いたします。最終的に、NHKを改革して、国民の信頼を取り戻すことができるのは、あなた方現職の皆さんのほかにありません。私たちは、NHKの中に、若い有為な人材が居られることを信じています。

 公共放送としてのNHKが、日本の民主主義発展のために、「政治権力」とではなく、「市民」と手を携えて、展望を開き、躍進することを願ってやみません。

 

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • NHK籾井会長以下全幹部役職員


    小滝 一志 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では4,005名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:一志さんがあなたを信じています

    小滝 一志さんは「NHK籾井会長以下全幹部役職員: NHKを「アベチャンネル」にするな! 籾井会長は即刻辞任せよ! ~NHK退職者有志の手紙に賛同を~」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!一志さんと4,004人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。