第二種動物取扱業を「届出制」から「登録制」へ ~保護団体のネグレクト、多頭飼育崩壊には行政も手がだせない~

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


私たちは、東京都豊島区にある猫の保護団体であるNPO法人東京キャットガーディアンの現状に問題意識を持つ、元スタッフ数名の有志です。

はてなブログで「東京キャットガーディアンについてお伝えしたい真実」という記事を公開させて頂きました。(ブログURL:https://tcg.hatenablog.jp/ サイト名:NPO法人東京キャットガーディアン告発サイト

団体では「虫の湧く施設で寝起きする猫」「死亡したら冷解凍されゴミに混ぜて捨てられる」「一年以上ケージから出してもらえない」「立って座ることのできない小さなケージにたくさんの猫が長期間入れられている」など、数多くの問題があります。

これらの問題を東京都動物愛護相談センターにお伝えしましたが、『東京キャットガーディアンは第二種動物取扱業だから』という理由で「業務停止」などの実行的な指導・罰則はないということでした。

近年、保護団体や保護動物カフェは増加の一途にありますが、それと共に東京キャットガーディアンと同じような問題をかかえ、辛い目に遭っている動物に何もしてあげられない状況も増えています。

どこにもあげようのない声は、同じ保護団体に向かいますが、そこでもどうすることもできません。

第一種でも第二種でも、動物の命の尊さは同じです。第二種だから指導や罰則が為されないのは歪んだ制度だと思います。

わたしたちは今回の経験から「第二種動物取扱業も登録制に」の声を集め、改正を求めていきたいと考えています。

ご協力をお願いいたします。