Petition Closed

私たちは乃木坂46の兼任を早期に終了し公式ライバルとして従来の活動を存続することを望みます。

1,626
Supporters

乃木坂46の今後の兼任の推進に反対します。
兼任の推進に反対の人もしくはCDの購入数を前回よりも減らした人はもう一度署名をお願いします。

※兼任が行われてしまったので内容を変更いたしました。(2014/09/08)
前回の内容の署名に対する2/26 04:00-2/28 23:30までのコメントは以下になります
http://nogizaka46isnot48.wordpress.com/2014/07/09/comment_list/


****************************************************************************
※コメントを書いて頂ける方にお願いです。以下の質問に答えて頂きたいです。
1.9thシングルのCD・ライブ・プリンシパルなどの商品やイベントの購入金額は増えましたか?減りましたか?
2.減った原因が兼任によるのであればその理由・心境を詳しくお書きください

運営も営利企業なので売上の低下やファンが減ることは望んでいないはずです。
上記の点でみなさまのご意見が「ファンをやめる」「買わない」というものが多ければ、今後方針を変える可能性が十分にあり得ます。ご協力ください。

****************************************************************************

今回、兼任により乃木坂46の9thシングルの売上は低下しました。
これはデビュー以来初めての事です。
売上の低下及びブランドイメージの低下は運営も避けたいところと思います。
乃木坂46ファンが兼任によって感じるデメリットをこの署名サイトを通じて運営に伝えたいと思います。

兼任の問題は小さくなく、大きく分けて5つあります
----------------------------------------------------
■差別化の希薄化
■尺の問題
■評価理由の曖昧化
■兼ねることによる中途半端さ
■今後さらに兼任するのではという不安
----------------------------------------------------

■差別化の希薄化
乃木坂46とAKB48グループは同じAKBグループではありますがファンは違うものとして認識しています。
差別化のポイントは大きく3つあります。
1.学校で一番可愛い⇔クラスで5番目くらい&親近感
2.上品・清純⇔過激・水着
3.ゆるさと協調⇔真剣さと競争

1.学校で一番可愛い
乃木坂46はAKB48グループと異なりとにかく可愛いというのが一つの差別化ポイントです。
アイドルは可愛くないといけないという常識をAKB48が覆しましたが、原点回帰をしているのが乃木坂46です。

2.上品・清純
メンバーが「私立の学校」と言っているようにファンは乃木坂46に対して上品・清純な雰囲気を感じています。
グラビアなどでセクシーさやエロさを前面に出すような水着での撮影がほとんどないこともその一つの要因だと思います。
またバラエティでの過激な演出や他人を貶めるようなトークなどもほとんどありません。
過激さやエロに安易に頼らずとも魅力的な乃木坂46であって欲しいと思っております。

3.ゆるさと協調
乃木坂46の魅力の一つはメンバー同士がまったり仲良くしている部分にあります。
年に一度プリンシパルという競争の舞台こそありますが、基本的には競争で切磋琢磨しあうことよりも
メンバーがみんなで協力して力を合わせて頑張ってる部分に魅力を感じています。

上記3点の差別化により乃木坂46もAKBグループもそれぞれの魅力を放ち、それによってファンを獲得していると思います。
兼任によって差別化が希薄化することは双方にとって良くない結果を招くと考えています。

■尺の問題
兼任が開始してから各種取材や「乃木坂ってどこ?」などでの松井さんが取り上げられる時間は相当な時間あります。
放送できる時間が限られている以上、これは他のメンバーの出演時間の減少を意味します。
乃木坂46以外のメンバーに尺を取られるのはなかなか納得するのが難しいです。
特に今回ようやくアンダーから選抜になれたメンバーのファンの人は相当微妙な気持ちになっていると思います。
これは想像ですがファンのみならずメンバーでさえ「私もテレビに出たいのに…」と思っているかもしれません。
ファンがそういったことを想像してしまうこと自体が楽しめない一つの要因になっています。

■評価理由の曖昧化
乃木坂46のメンバーはデビュー以来、若干名の卒業者はいるもののほとんどメンバーも変わる事なくみんなで力を合わせて
頑張ってきました。
しかし兼任によってAKBグループのトップレベルの人気メンが来た場合、誰のおかげで目標を達成したのか曖昧になってしまいます。
これはファンにとってもせっかく応援してきた過去が台無しにされたように感じると思います。
またメンバーにとっても100%メンバーのおかげと言えなくなる事は望ましくないことだと感じます。

■兼ねることによる中途半端さ
今回の神宮球場でも松井さんはテレビだけでの出演で、キャプテンの桜井が「松井さんも一緒に頑張ってくれてまーす」
と言っていましたが正直「大人に言わされた建前だけのコメントでは?」という感想を拭えませんでした。
一緒に頑張ったというのはリハーサルで汗を流し、寝食を共にして全国を移動して全公演に出演し
本番でみんなで一緒に最高のパフォーマンスを披露して初めて言えるのではないでしょうか?
夢や理想を提供するアイドルで会社の建前トークのようなことはあまり聞きたくないと思ったファンも多いでしょう。

■今後さらに兼任するのでは?という不安
今回の兼任により今後どうなるんだろうという不安がファンの間に広がっています。
夢中で応援して最後別のグループから来た人が主役を持っていく、それによって本来楽しい気持ちや感動を味わうはずだったのに
逆に悲しい気持ちになるかもしれない、そういった不安があるとなかなかこれまで通りに応援するのは難しいです。
「今後乃木坂46のメンバーの兼任は無い」と断言してもらえればファンは安心すると思います。

以上が兼任の問題です。


われわれが望むことは2つです。
1.兼任を早期に終わらせること
2.今後乃木坂46は兼任を行わないと公約すること

この2つをやっていただければファンは安心してこれまで以上に乃木坂46を応援していけると思います。
どうかご検討よろしくお願いいたします。

This petition was delivered to:
  • AKBグループ 秋元康様、SMR代表 村松俊亮様、乃木坂運営委員会代表 今野義雄様

    taro nogi started this petition with a single signature, and now has 1,626 supporters. Start a petition today to change something you care about.