このキャンペーンは終了しました

那覇市若狭に建立予定の「龍柱」の建設を中止して欲しい。

11,763人の賛同者が集まりました


那覇市が一括交付金2億5400万円を活用して、若狭の波之上臨港道路沿いの若狭緑地に、高さ15メートルの「龍柱」2本の建設を計画しています。市は、若狭地区の新しいシンボルにしたい考えのようですが、市民から、「新たな観光要素」と期待する声がある一方、高額な建設費や景観への影響を疑問視する声が上がっています。

 市は都市計画マスタープランに基づき、若狭など那覇西地域で、中国とのゆかりが深い歴史性を生かしたまちづくりを推進するとして、2011年に福州市との友好都市締結30周年を迎えたこと、外国人観光客が乗る大型旅客船が那覇港へ寄港していることなどを挙げ、「那覇の新しい玄関口としての魅力を高めたい」と龍柱の建設を計画しています。

 この龍柱、中国に製作を発注する予定で、材料費と製作費に計1億6600万円、設置工事と基礎工事にそれぞれ3700万円、設計費に1400万円を見込んでいます。(建設計画の遅延に伴い、すでに遅滞金が発生しているようです。)

 一括交付金2億5400万円のうち1億2400万円の予算は、平成24年度市議会12月定例会ですでに可決。市は平成25年の6月定例会に新たに1億3千万円の補正予算案を提案しました。一括交付金が活用できるのは事業費の8割と定められており、残りは当該自治体予算で執行することとなっており、さらに市の支出が発生する可能性があります。

 龍柱建設について、地域住民から「若狭地区は観光要素が少ない。新しいシンボルが旅客船の観光客の目に留まり、地域活性につながるなら賛成だ」との声がある一方で、「税金2億円以上を使って造る価値が本当にあるのか。取って付けたように建てても浮くのでは?龍の根拠も含めて、地域に説明会を開かずに計画を進めるのはおかしい」という声も上がっています。
 

 地方自治に詳しい琉球大の島袋純教授は「観光にどう寄与するのかある程度の積算を出さないと、後で返金を求められる可能性もある。市民と共に議論する仕組みづくりが必要だ」と指摘していますが、市民との議論・討論会などは、未だに開催されていません。

このページに詳しく描かれています。



今日:Yonezouさんがあなたを必要としています

INADA Yonezouさんは「那覇市役所 花とみどり課: 那覇市若狭に建立予定の「龍柱」の建設を中止して欲しい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Yonezouさんと11,762人の賛同者と一緒に賛同しましょう。