キャンペーン成功!

逮捕された、ノエル君の釈放を求める

1,068人の賛同者により、成功へ導かれました!


昨今の「小型無人機 ドローン」への報道は、「ドローンとは危険である」という前提ありきで報道されており、まるで「ドローン=殺人兵器」のような扱いであり、我々に「ドローンを使用させない為の社会通念」を蔓延らせる為に、報道していることは誰の目にも明白です。

ドローン規制は、我々国民の安全や国家中枢機能の防衛を確保するとの建前ですが、本当の目的はそのようなことではなく、支配者層が自分達の都合の良い社会を作るために、一般大衆、つまり我々が自由と権利を獲得する為に、権力者層を糾弾し立証能力がある証拠を収集する目的で使える武器としてドローンを使用させない為の権力者の保身の為に規制を急いでいる事に他なりません。

ドローンとは、ただのラジコンであり、ドローンをいくら規制しても、テロや犯罪はなくなりません。なぜなら、テロを起すテロリストは法律を守るはずがないからです。そしてテロを起すのは犯罪者組織であり、ドローンではありません。

ドローン規制の目的は、我々国民の幸福や秩序の維持とは関係がないのです。
これらドローンに対しての反応は、「動画・生放送配信」に対しても同く規制対象としたいように見えます

「ノエル」こと15歳の少年は、違法に拘束する警察の不法行為に対してたった一人で立ち向かい、その現場を生放送し発信することで、この国の警察、そして法の尊厳は地まで落ちていること、法や警察はなんら我々国民のために機能していなく「崩壊している」ことを知らしめ続けました。

そしてそのたった一人の少年が国家権力に立ち向かう勇気と行動力を前に「我々大人はただ黙って権力者都合の法整備を指をくわえ見ているだけで良いのか?」という問題を我々大人に突きつけてくれました。

なぜ、ドローンを飛ばすことで強制的に警察が自分を「保護」という名の「拘束・監禁・拉致」を繰り返してくるのか?

そしてそれらの警察の行動は違法であるのに、なぜ彼らに対しての罰則やペナルティーは一切なく、しかも周りの大人たちが無視を決め込むのか?

15歳の少年はそのような疑問や憤り、そして恐怖を感じたであろうが、しかし彼は萎縮するのではなく、それらの不条理を繰り返し繰り返し社会に、そして我々に放送を通して体を張って訴え続けました。

そして、2015年5月14日~15日のノエル君の放送で、「ドローンを飛ばす」とも言わず、実際に飛ばしてもいないのにもかかわらず、「祭り行きますから。」と言ったことを受けて、浅草三社祭りの主催者に「ドローンの持ち込みや飛行を禁止するとの貼り紙を作らせたり警備をさせたりして、運営業務を妨害した疑い」で、2015年5月21日逮捕されました。

これは不当逮捕であり、我々国民に「法と警察の崩壊」を一人訴えた続けた15歳の少年の即時、釈放を求めます。

2015年5月25日

さゆふらっとまうんど
http://sayuflatmound.com/

 【未公開音源】
【ドローン少年 ノエル】警察による15歳少年への不法行為 (2015年05月14日 国会議事堂前 国会前庭 )

 

~以下、さゆふらっとまうんどブログ関連記事・動画

ノエル君「威力業務妨害」で逮捕。 ~ドローンは殺人兵器ではありません!

ドローン規制法案「警察が無人機の飛行を妨害したり、破損させたりもできる」なら長野県・善光寺ドローン落下は警察が恣意的に落とした可能性がありますね

官邸ドローン自作自演事件【数時間後】航空法・電波法改正を検討【1日後】関係省庁連絡会議開催【2日後】国土交通省、今後の検討課題「免許・許可制」など発表

5月14日のノエル逮捕容疑の放送前である、13日から三社祭公式HPで「ドローンによる撮影自粛」

ノエル君の留置先での面会を求めて「浅草警察署」に電話しました。

 

【動画】ノエル君逮捕の目的は、活動家の支援者を取り締まるルール作り

【動画】総理官邸ドローン墜落・自作自演事件を的中させた「さゆふらっとまうんど」の違う角度からの分析 

【動画】パリ上空不審な無人機ドローンはフランス政府のでっち上げであるとTBSが暴露 



今日:ふらっとまうんどさんがあなたを信じています

さゆ ふらっとまうんどさんは「警察 検察 司法: 逮捕された、ノエル君の釈放」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ふらっとまうんどさんと1,067人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。