Petition Closed

女性蔑視の発言をただちに撤回し、全女性に対して謝罪してください。

2014年2月9日投開票の東京都知事選挙に立候補している舛添要一氏が、下記のような信じられない女性蔑視の発言を繰り返しています。

「僕は本質的に女性は政治に向かないと思う。たとえば、指揮者、作曲家には女はほとんどいない。女が作曲した曲に大したものがない。なぜか、と考えてみると、実は指揮者は政治家に似ていることに気づいたわけ。オーケストラを統率する能力は、女性は男性より欠けているわけです。作曲家が少ないのも、論理構成をして様々なパーツを上手にワンパッケージにまとめる能力がないから。これはシングル・イシュー・ポリティックス(単一争点政治)とも関係してくる」

「それから、体力の差ということでいえば、政治家は24時間、いつ重要な決断を下さなければいけないかわからない。そのとき、月1回とはいえ、たまたま生理じゃ困るわけです」

「女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない」

(以上、「BIGMAN」増殖マドンナ議員は日本をダメにするか!?」より)

「こんなことを言う男が都知事になったらこっちがたまらない」と、女性たちが立ち上がり、2014年2月6日に議員会館で「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」の立ち上げ記者会見を行う予定です。

こうした中、男性の中にもこうした発言を許せないと思っている人がきっと多いと思っています。

私自身も「これだから男はどうしようもない」と思われることには心外です。そもそも女性、男性という以前に、自分が発した言葉を受け取る側の思いを想像できないのは、都知事候補の前に人として問われているのではないでしょうか。

私は、舛添要一氏が女性を貶め、人間の尊厳を蹂躙したことに対して怒りを持って抗議します。

心あるみなさま。舛添氏がただちに発言を撤回し、すべての女性に対して謝罪するよう私と一緒に呼びかけてください。どうぞよろしくお願い致します。

前川史郎


参考
舛添要一を都知事にしたくない女たちの会
http://masuzoe.wordpress.com/

This petition was delivered to:
  • 舛添要一氏


    史郎 前川 started this petition with a single signature, and now has 2,956 supporters. Start a petition today to change something you care about.