動物を虐待から守るために5ちゃんねる「生き物苦手板」の閉鎖及びインターネット上での動物虐待投稿・動物虐待コミュニティサイトの規制強化を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 50,000 人に到達します!


以前の生き物苦手板閉鎖署名運動とは別のものです。

10月19日より当署名運動公式サイトを公開しました。こちらも是非チェックしてください。https://www.nigateitaheisa.com/

署名運動公式アカウントは@heisasyomei_99です。

 

インターネット掲示板「5ちゃんねる」に設置されている掲示板の一つである生き物苦手板では、日夜動物虐待投稿が行われています。

主な虐待対象は猫です。猫をgatoと呼び、猫を虐待したり他の動物に食べさせたりするなどの悪質な動画が共有されており、問題となっています。

苦手板にある動物虐待動画では猫をバーナーで焼いたり熱湯をかけられたり水に沈めて溺死させたり歯を抜かれたり切り刻まれたりされています。猫は悲鳴をあげながら苦しみ命を落としています。

猫を人間に置き換えれば、その残酷性も分かると思います。

2017年8月に動物虐待動画を投稿していた元税理士の男が逮捕されましたが、執行猶予の判決が下され、現在は普通に暮らしています。

勿論国内には捕まっていない動物虐待者がたくさんいますし、今も動物虐待投稿がなされています。

私は動物虐待投稿を共有するコミュニティがあるのが問題だと思っています。集団心理というものです。実際に一人で趣味として動物虐待をしている人間はほとんどいないはずです。

生き物苦手板で猫をgatoと呼び虐待される姿を見て笑ったりバカにしている人達も自分一人ならそんなことはしないはずです。周りと共有するのが楽しいというのが本質です。

Twitter等のSNSでも動物虐待投稿をしている人がいますが、それも誰かと共有することが目的となっており、動物虐待はそれを達成する手段でしかありません。

つまり、承認欲求や自己顕示欲を満たすためというくだらない理由で多くの動物が虐待され命を落としているのです。

生き物苦手板に関しては、これまで数々の問題でニュースになっていますが、閉鎖はされていません。5ちゃんねる運営は動物虐待を肯定しているとしか捉えられません。

 

求めること

・5ちゃんねる「生き物苦手板」の閉鎖及び全板にて虐待関連スレッドの規制、残酷な動物虐待動画、犯行予告文の法的措置、罰則の徹底

・インターネット上における動物虐待投稿の共有サイトの規制、場合によってはサーバー運営者への法的な罰則も求めます

動物虐待を減らすには動物虐待動画などの共有をするサイトをなくすことが重要だと考えます。集団心理で気が大きくなっている人間は集団でなければ非常に脆く弱いものです。

皆様のご協力をお待ちしています。ご意見などはTwitter(@info_5ch_netもしくは@heisasyomei_99)まで。