神奈川の高校生に部活を思いっきりやらせたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


神奈川の高校生の夢をつなぎ、笑顔で未来へ踏み出す第一歩を!

「インターハイ」「全日本吹奏楽コンクール」「全日本マーチングコンテスト」「夏の甲子園」・・・

高校生の夢の全国大会が中止になっています。

高校に入ってから部活動に取り組んだ生徒もいれば、物心ついた頃から全ての遊びを封印して、取り組んできた生徒もいるでしょう。長い人生の中では、ほんの一瞬の事かもしれません。しかし、この高校の部活動で引退、卒業、競技生活や文化活動に一区切りをつける生徒も少なくないのです。

今、全国で、中止になった全国大会に変わり、せめて都道府県大会だけでも開催して、「高校生の集大成の場を、努力してきた部活の披露する場を。」と開催に向けて準備が進んでいます。

しかし、神奈川県は教育委員会が発表したガイドラインが厳しすぎて、このままでは、8月末まで対外試合等の活動はもちろん、部活動自体が制限されており、様々な大会やコンクールを開催することが出来ません。

なんとか、ガイドラインを見直し、新型コロナウイルス感染防止対策「神奈川モデル」を確立して、全ての部活動を頑張った高校生に「準備の時間」と「輝ける場所」を作ってあげたい。

そんな思いを神奈川県知事、神奈川県教育長を中心にお伝えしたく、この署名運動を立ち上げます。
御協力、宜しくお願いします。

神奈川の高校生の夢つなぐプロジェクトチーム一同
石川 巧 久保田英賢 小池重憲 髙橋幸一 宮澤泰隆 横尾典克(五十音順)

※一緒に署名を集めてくれるプロジェクトチームのメンバーを募集しています。
 お賛同いただけます方は、メッセージお願いします。