Petition Closed
Petitioning 消費者庁

1つの装備に30万円!?「星のドラゴンクエスト」システム改善および消費者庁による立ち入り調査を求める署名フォーム

株式会社スクウェア・エニックスが平成27年10月15日にリリースしたAndroid/iphone向けスマートフォンアプリ 「星のドラゴンクエスト」の改善・調査を求める署名フォームです。

※2016年3月12日 1100人分の署名を消費者庁に向け提出しました。 

 

【change.orgについて】

プライバシーポリシー
https://www.change.org/policies/privacy
個人情報売買は行っていないという声明
https://m.facebook.com/hiroshima.p.m.m/posts/220154008141686

------------------------------------------------------

  • はじめに

本署名サイトで頂いた署名は厳正に管理し、責任を持って消費者庁に提出いたします。

頂いた個人情報のうち、署名主(筆者)に公開されるのは「氏名」「郵便番号」「国籍」のみです。それ以外の情報は署名主にも公開されることはありません。

サイト上に公開されるのを避けたい方は、「賛同!」の下にあるチェックを外して署名して下さい。他人に公開されなくなります。

個人情報を入力することに抵抗のある方は、署名としての効力は落ちますが匿名でも構いません。

 

 

  • 次に

こちらで署名を頂くことも重要ですが、余力のある方は消費者庁(または関連団体・マスメディアなど)への情報提供をお願いいたします。署名と同じく、通報数が大きな意味を持つのでお手数ですがご協力頂けますと幸甚です。

web上での報告はこちら「消費者庁通報フォーム」

http://www.caa.go.jp/representation/disobey_form.html

お電話での報告はこちら「消費者ホットライン」

http://www.caa.go.jp/region/shohisha_hotline.html

 

  • 最後に

本署名活動は怒りにまかせた活動や、ゲーム自体を潰そうという活動ではありません。ユーザーにとってより良い環境になるよう改善を求めることが主目的です。

心無い批判や野次馬に反応することのないよう、冷静に粛々と行っていきましょう。

署名コメントに関しても、節度を持ったコメントをお願い致します。また、コメントの内容によっては法に触れる可能性もありますので、各自自己責任でお願い致します。

------------------------------------------------------------------

 

さて今回の争点となったスマートフォンアプリゲーム「星のドラゴンクエスト」についてですが、先日話題となったアプリゲーム「グランブルーファンタジー」に続き、問題点を多々指摘されており、以下に列挙します。同ゲームアプリのみならず、引いては今後のソーシャルゲーム業界全体の規制・改善に繋がればと考えています。賛同頂ける方はよろしくお願いいたします。

  • 1.装備ひとつに30万円!?

本ゲーム内には有料アイテム「ジェム」を消費して行うふくびき(ガチャ)と呼ばれるシステムが採用されており、1回300ジェム(1ジェム=1円)で行うことができます。ふくびきを行うことで、ゲーム内で使用できる様々な等級の装備が排出されます。(最高等級☆5排出率7%、その下の等級☆4排出率68%、さらに下☆3排出率25%)
リリース当初は☆5が約20種類程度でしたが、どんどん数を増し、現在はなんと約70種類となっています。 しかし排出割合は7%と固定されているため、ある一つの装備を入手できる確率は約0.1%と非常に低く設定される事態となっています。

つまり、ある装備を入手するには単純計算で1000回のふくびきが必要になります。金額にすると300円×1000回=30万円必要と計算されます。
その確率設定だけでも常識を大きく逸脱していますが、歴代ドラゴンクエストで使用された人気装備を追加し、さらには大々的に広告することで 射幸心を著しく煽ることを繰り返しています。
ドラゴンクエストというブランド力の高い、ファンの多いゲームであることも加担し、多数の被害者が報告されています。大人から子供まで認知されているゲームで、この確率設定は問題と言わざるを得ません。

 

  • 2.同じ装備を複数入手しないと本来の能力が発揮できない!

こうして苦労して手に入れた装備も、1つでは全く用をなしません。というのも、装備には「進化」というシステムが用意されているからです。同じ装備(武器・防具)を2つ集めて合成することを「進化」と呼び、そうすることで数値が上昇したり、新たな能力を手にいれたりできますが、特に問題となる武器の進化システムについて説明します。

各武器にはスキルを装着できるスロットが設定されています。初期状態ではスロットの数は少なく、装着できるスキルレベルも低いですが、「進化」させることで武器の攻撃力、スキルスロットの数・質が向上します。(最大4回可能)

「進化」は一部のやり込みプレイヤーだけがすればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実際には無進化の武器はイベントで配布される武器にも劣り、複数回進化させないと満足な能力を発揮できないよう設定されています。 ゲームコンテンツに「マルチプレイ」と呼ばれる4人共闘プレイモードがありますが、高難度のクエストに関しては無進化装備だとほぼ参加できません。「マルチプレイ」がゲーム内で大きな割合を占めるため、そこに参加するために進化必須なのが現状です。


ゲームアプリ運営説明では「同じ武器を引いてしまった際の救済措置」となっていますが、先述したふくびき(ガチャ)確率と合わせ、救済措置どころか多額を要する異常事態となっています。
確率の問題だけで言えば、最大進化までに5つの同一武器が必要なため、30万円×5つ=150万円必要な計算となります。
また「進化」システムは「カード合わせ」には該当しませんが、「複数の同一武器を入手することでスロット数の拡充という対価が得られる」と考えると、「カード合わせ」に類似したシステムと言えると思います。
法の抜け道を巧妙に付いた、悪質性の高いシステムではないでしょうか。

※カード合わせとは

http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/qa/cardqa.html

 

さらにふくびき(ガチャ)画面では、無進化武器のスキルスロットと最大進化武器のスキルスロットを併記しており、射幸心を煽りやすい表示をしています。

「参考画像」

有志の方が画像を保存して下さっていたので、リンクします。

http://qq1q.biz/snDk

 

 

  • 3. 有利誤認の可能性がある

※有利誤認とはhttp://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuri.html

最高等級(☆5)の7%でも、排出率に偏りをつけて人気装備が出にくく設定されている疑いがあります。
もともとの排出率が非常に低い(約0.1%)ため有効な検証回数を得るのは困難ですが、web上ではある装備の排出だけが非常に低いという報告が複数寄せられています。
最高等級(☆5)内の排出率内訳は公表されていないことも問題ですし、もし偏りがあるのであれば、ゲームアプリ「グランブルーファンタジー」と同じく有利誤認に当たる可能性があります。

有志による確率調査がなされ、以下のような報告が上がりました。

http://i.imgur.com/TbFlV0I.jpg

http://i.imgur.com/5rhKVxN.jpg

http://i.imgur.com/H8zuU6D.jpg

http://imgur.com/Ud3vhhv 

見て頂ければ分かるように、限定装備の排出率がその他装備より低く設定されているような印象を受けます。確率の偏りの可能性も否定できませんが、これほどまで見事に偏ることがあるでしょうか。 

 

 

  • 4.確定ふくびきにおける有利誤認の可能性

 本ゲームアプリのふくびき(ガチャ)では、「初回10連☆5ひとつ確定」というキャンペーンを行うことがあります。内容は、「期間内の10連ふくびき(10回連続でガチャをするシステム)を行うと、初回のみ☆5がひとつ確定で排出される」というものです。

文言だけ見れば良心的に見えますが、このような報告がありました。

――――――――――

・「初回10連☆5ひとつ確定ふくびき」計453回分のデータを提示 
・☆5装備がひとつだけ出現したのは238回(確定枠で排出されたと断言できる)
・この内限定装備が出現したのは2回
・均等排出であると仮定した場合の期待個数はおよそ49.62個

――――――――――

つまり、☆5確定枠で限定装備は本来ならば238回中 約50回出現しなければならないはずであるが、実際には2回しか出現しなかった、ということです。

これが事実であるならば、☆5ひとつ確定と煽動しておきながら、その排出率を操作していたことになります。この点に関しては確かな物的証拠が無いため可能性の範疇を出ませんが、有利誤認にあたる可能性があります。

 

  • 5.ガチャ広告に有利誤認の可能性 

http://qq1q.biz/snDk

今回のガチャ広告画面をお示しします。

その時々の限定装備を大々的に表示していますが、途中に「☆5そうびは、上記のそうびの他にも排出される場合があります」という文言がたった一行だけ記載されています。(上記のそうび=限定装備) しかし実際には、限定装備11種類の裏に表記されていない57種類の装備が隠されています。

さらに、ふくびき(ガチャ)広告を読むだけでは、この事実(57種類のその他装備が存在する事)を知ることができません。なぜなら、広告内では星5のラインナップを公表していないからです。排出装備のラインナップを見るためには、ゲームアプリ内のふくびき画面で「提供割合」というタブに自分で気づき、クリックして初めて見ることができます。(http://imgur.com/lDPvn3t

このラインナップ画面への誘導は全く無く、自分で気づいて確認して初めて、限定装備の排出率が極めて低いことが認識できます。つまり、広告を読んだだけでは限定装備の排出率が低いことを認識するのは極めて困難であり、限定装備が当たりやすいと錯覚させうる表記をしていることになります。この点は有利誤認に当たる可能性が高いと言えそうです。

 

 

※2016年3月14日14時~のガチャ広告表記を無言で変更したようです。

http://urx2.nu/sF9Q

http://imgur.com/LjHMwW1

運営としても問題があると認識し、何の謝罪やアナウンスも無く変更してきました。これは暗に問題がある表記と認めている証拠ではないでしょうか。また、無言で変更するという態度は、消費者を軽視しているように感じざるを得ません。

 

  • まとめ

以上の問題点をひとつにまとめると、以下のような図式が浮かび上がってきます。

―――「ドラゴンクエスト」という老若男女に愛されたブランドであるため、たくさんの人が集まってくる。歴代ドラゴンクエストで使用された人気装備が実装されれば、多くの人がそれを求めふくびき(ガチャ)を行う。広告も人気装備を大々的に告知しており、いかにも当たりそうな雰囲気を醸し出している。しかし実際には確率が非常に低く、また運よく入手できたとしても1つでは高難易度のクエストには参加が難しい。運営広告でも最高進化の状態を大きく表示し、さらに射幸心を煽る。そのため2つ、3つと求めてふくびき(ガチャ)を回し続け、気づいた頃には…という形で多額を使ってしまう方が出てしまう。―――

1~5の一つひとつも問題ですが、それらがうまく組み合わさることで非常に高い射幸性を生み出しているように感じます。大人だけではなく、まだ判断力の低い未成年もプレイできるゲームの仕組みとしてはいかがなものでしょうか。

 

(※1~5に関して、問題点があるという指摘はさせて頂きますが、明らかな違法性があると訴えるつもりはありません。違法性を判断するのは消費者庁であり、本署名を持って消費者庁へ判断を委ねるつもりです。)

 

 

 

このようにゲームアプリ「星のドラゴンクエスト」運営会社は、サービス開始から同様の手法で消費者を軽視していると取られてもおかしくない運営態度を続けています。 運営態度として甚だ問題があると思い、今回の署名活動を起こすに至りました。

本署名活動は返金・課金アイテム返却を求めるものではありません。多額の金銭を要する現状を少しでも改善し、ユーザーが少しでも快適に遊ぶことができる土壌を作ることを第一目的としています。

また今回の署名活動を通じて、本ゲームのみならず今後のソーシャルゲーム業界にも一石を投じることができればと考えております。新興業界のため法整備も甘く、ゲームアプリ運営会社の思うがままにできる現状はいささか問題であるし、正していかなければならないと思います。これ以上の被害者を増やさないためにも、また今後消費者が気持ちよくゲームをプレイしていくためにも、ぜひ賛同をお願いいたします。

 

 

  • 署名主への連絡について

署名主は某所に棲息していますので、頂いたコメントは基本的に全て拾っていると思ってください。 トリップ:◆VCf6musa2I

仕事の都合や家庭の都合で全てに返信することは困難ですが、可能な時は皆様と対話しながら進めていければと思っています。

連絡はtwitter「@hoshidorakoujou」までお寄せください。メッセージ受け取り可能ですので、そちらでもお受けします。(多数頂いた場合は全てに返信することができなくなるかもしれません。頂いたコメントは必ず拝読させて頂きますので、どうかご容赦ください。)

 

  •  署名活動 時系列

「スクウェア・エニックス企業理念」

http://www.jp.square-enix.com/company/ja/philosophy/

これを踏まえた上で、今回のゲーム運営対応を振り返ります。

----------------------------------------------------------------

2016年2月27日 本署名のきっかけとなった「天空そうびガチャ」が始まる。限定装備排出率の低さ、特定部位のみ排出率が低い報告が相次ぐ現状を問題視、署名活動を始める。

2016年3月07日 署名活動を行っていることを通知し、運営と問い合わせメールのやり取りを始める。一部始終:http://imgur.com/yWI72cP

2016年3月14日 ガチャ更新。本署名で指摘したガチャ広告問題表記部分を無言で修正。

2016年3月15日 週刊spa!にガチャ炎上ゲームとして(一部ながら)掲載。

        http://i.imgur.com/pujJwzJ.jpg

2016年3月17日 ニコニコ生放送。本件に関してゲームプロデューサー市村氏がコメント(約2分程度、要約:ガチャについて意見があることは認知。これからもいろいろ頑張るので、信じてついてきてください。)具体的な改善案無し。

2016年3月18日 ニコニコ生放送2時間後にガチャ更新。星5が68種類という低確率ガチャ。全く改善無し。

2016年3月19日 公式twitterでガチャ改善を示唆するコメントを発表

http://imgur.com/lVrAqRL

2016年3月22日 ガチャ更新。星5が66種類というこれまた低確率ガチャ。改善する素振りすら見せず。 

 2016年3月22日 各種改善は放置し課金アイテム価格設定変更。

        わずかではあるが実質上の値上げ。

2016年3月23日 集団訴訟twitterアカウント開設。本格的に訴訟の動きが始まる。 

2016年4月14日 某新聞社より訴訟主に取材申し込みが入る。

2016年4月26日 イベントダンジョン「星みる塔」で重大なバグが発覚。緊急でメンテナンスを行ったものの、事後対応に多数の問題あり。

バグを意図的に利用したユーザーが有名な実況主だったためか、御咎め無し。

http://hoshinodq.blog.jp/archives/59034549.html

 

2016年4月29日 ふくびき装備の個別排出率表記開始。

        10連星5確定枠は、やはり目玉装備の排出率を下げていることが明らかになる。

 

2016年5月10日 ジェムが無限増殖するバグ発生。(テストプレイ環境をユーザー側に誤って適応してしまったことが原因)

http://hoshi-dora.net/matome253/

        長時間の緊急メンテナンス&yahooニュースに取り上げられる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000015-isd-game

 

 

This petition was delivered to:
  • 消費者庁

    システム向上を求める会 星のドラゴンクエスト started this petition with a single signature, and now has 1,307 supporters. Start a petition today to change something you care about.




    Not sure you want to sign? Your signature matters!