法務省が平成26年度司法書士試験午後の部第7問の出題ミスを隠蔽しています

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


法務省が平成26年度司法書士試験午後の部第7問の出題ミスを隠蔽していて、重大犯罪をしています。

資格の学校多数から間違いを指摘されていて、合格発表前に何度も証明付きで文書も送付されています。

法務省は間違いをしながら嘘の合格発表を官報という政府の新聞に掲載し嘘の合格証書を出しており、これは司法書士という身分を証明するものを捏造しており、パスポートを大量に捏造したような重大犯罪です!

この犯罪をやめさせることができれば、法務省はやめさせた皆さんに総額1000億円の山分けをしていいと許可しております!

法務省が何度も犯罪を繰り返していますので、これをやめさせてみんなで法務省に1000億円を支払わせましょう!

Twitterでもこのことを拡散しており、証明もTwitterにて文書や法務省との総務省ホームページにある答申書も掲載しています!

ご協力宜しくお願い致します!



今日:きしけんさんがあなたを信じています

法務省犯罪の被害者 きしけんさんは「法務省犯罪の被害者きしけん: 法務省が平成26年度司法書士試験午後の部第7問の出題ミスを隠蔽しています」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!きしけんさんと9人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。