死亡ひき逃げ事故の時効撤廃を切実に求めます!! 逃げ得が許されない社会になってほしい!!

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!


平成21年(2009年)9月30日(水) 午後6時50分頃埼玉県熊谷市本石1-134番地先路上で死亡ひき逃げ事故が発生しました。

当時小学4年生(10歳) 息子の小関孝徳(こせき・たかのり)です。

事故が起きてから約10年間犯人は捕まっておりません。逃げ続けています。

今年、2019年(令和元年)9月30日で時効を迎えます。時効まであとわずかとなり、一人でも多くの方に未解決事件でまだ犯人が捕まっていないことを知って頂き  情報提供のご協力を求めるためにブログを開設しました。

ブログタイトル《未解決》熊谷市小4男児死亡ひき逃げ事故!《時効まであとわずか》ブログのリンクは以下になります。

https://ameblo.jp/kosekitakanori/

 

●道路交通法違反

「救護義務違反(ひき逃げ)」→ 7年。

●自動車運転処罰法上の過失致死罪

「自動車運転過失致死」→ 10年。

 

救護義務違反(ひき逃げ)7年は時効になりました。犯人は止まって救護をしてはくれませんでした。孝徳は頭部の損傷が酷く亡くなりました。犯人をひき逃げの罪に問うことはできません。

自動車運転過失致死(10年)の時効が迫っている中...

時効が成立すれば、警察は捜査を終了し、時効成立後に犯人が現れたとしても、犯人は罪に問われることはありません。

殺人罪は時効が撤廃されており、なぜ同じ命を奪われた「交通犯罪」では時効が残っているのでしょうか。時効は誰の為にあるのでしょうか...

ブログタイトル時効まで3か月 遺族に「最期の姿」伝えるURLリンクはこちらです↓

https://ameblo.jp/kosekitakanori/entry-12488449905.html

 

ブログタイトル「20歳になりました。」URLリンクはこちらです↓

https://ameblo.jp/kosekitakanori/entry-12451486092.html 

ブログタイトル「写真の整理をしました。」URLリンクはこちらです↓

https://ameblo.jp/kosekitakanori/entry-12479741019.html

時効撤廃のために切実に求めています。皆様のお力をおかしください。ご協力宜しくお願い致します。