Petition Closed

大阪市立巽中学校校長 北角裕樹氏の更迭を求めます

大阪市立巽中学校の校長、北角裕樹氏は、2014年3月大阪市教育委員会より更迭案が出された。が、その5日後に教育委員らによる最終会議にて急遽、更迭案が撤回され留任となった。
 
保護者として一番気がかりなのは何故「【更迭】という重大な案」が打出されたのか、という事。
 
通常の校長ならば【更迭】などという二文字とは無縁のはず。
 
http://yaho.blog.jp/34903/4440446.html
 
新聞報道では「学校業務を停滞させた」とあるが
つまり学校長として、学校内に居る子ども達に関わるいち大人として非常識な問題ばかりを引き起こし、その度に職員らの手を煩わせているという現実。
 
また別の新聞では「教員や保護者らと人間関係が築けず、【学校運営の能力が足りない】と判断した。」とある。
 
http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20140320-OYT8T00544.html
 
・1年生に向かって『君たちの授業には1時間当たり千円の税金が使われていることになる。つまらない授業なら千円返してもらうよう先生に言いなさい』と発言。授業中に騒ぐ生徒が出てきたので、職員らが騒動の鎮静にあたる。
 
・修学旅行のラフティング(川遊び)で生徒をボートから突き落とし、さらにその上から乗って川に沈め生徒を怖がらせた。
(後に『ふざけ過ぎた。監督者という立場上すべきでなかった』と謝罪するも、被害を訴えた生徒本人には謝罪せず。)
 
修学旅行事前説明会で、校長本人が生徒らに配布したプリントには「自然が相手ですから、思い通りにいかないこともあるでしょう。そこで大切 なことは、真剣に取り組むことです。真剣さがあれば、トラブルは解決することができます。逆に一番危ないのは、悪ふざけをしてルールを破ったり、軽い気持 ちでやってはいけないことをしたりした場合です。」と、自らの言葉。
  
・保護者への応対に、校長として不適切な言葉使いや態度で保護者との関係を悪化させる。教頭が校長の謝罪を受けて入れてもらえるよう、家庭訪問して働きかける。
 
・地域との連絡について教頭と口論、業務を中断させてまで精神的に追い詰め謝罪を強要、教頭が土下座して業務に戻らせてもらう。教頭の行為を制止する仕草など一切なく、約1分間の土下座の後に掛けた言葉は『教頭先生、男が下がりますよ』とだけ。
 
・PTA社会見学でビール工場を見学。『この時期に飲酒する事を非難された時の為に休暇を取ってある』と発言し、飲酒。しかもその後学校に 戻り、赤い顔のまま公務につこうとする。『子どもが居るので困ります。今日は帰って下さい』と教頭が言うと『机に書類を置いた方が悪い。酒を飲んだと誰か ら聞いた?』と激昂する。
 
 
このような諸問題が数多くあるのですが…
 
私たちが何よりも一番心配しているのは、北角校長には「子どもを守る」という観点が一切無いということです。
 
 
【案件1・写真問題】
 
学校の内外で生徒の写真を私物のデジタル一眼レフで千枚以上撮影。あまりに頻繁に撮っているので一部生徒と保護者から『どんな写真なのか気になる』との声が上がる。PTA役員会が開示を求めるも、頑なに拒否。『撮影は学校の広報活動のため。著作権は撮影者にあるので見せる義務はない。あくまで私物であるため、校長職を全うした後は自分が持って出る』の 一点張り。夜遅くまでの話し合いが何度も持たれ、ようやく開示したのは話し合い開始から2ヵ月後。学校内で写されたにしては明らかに不適切な構図の写真も 数点保持。『生徒が勝手に撮ったもの』と言っているが、広報活動に不必要な、しかも不適切な写真をいつまでも個人のカメラと自宅PCに保存しているのは何 故。「他の職員や保護者が同様の行動をしても、注意はしない」という考えは保護者として到底承服できない。


詳細・http://togetter.com/li/660800
 
 
【案件2・大雪対策問題】


3年生の公立高校出願の日(2月14日)は前日の夜から雪、朝も雪が降り続いてい た。大雪による交通機関ストップなどの状況の中、多方面から事前情報での対応の連絡があったにも関わらず、本人の勝手な判断で各教員への指示・伝達は無 し。そのため駅からバスで高校まで行くつもりにしていた生徒がバスの運休を知らず、別の駅からなら徒歩20分で行けるところバスが出る駅から徒歩で高校へ向かうことに。指導主事教員などが駅その他を捜索したが見つけることが出来ず、夕方まで連絡が取れなかった。本人は大雪の中迷いながら1時間以上かけて高校まで歩いた。事前に校長が持っていた情報を伝えていれば、そのような危険な目に遭うことはなかった。
 


【案件3・報道問題】
 
北角校長が新聞やテレビの取材を受け「校内選挙の人事に関わる件」で学校の名前・写真とともに全国に出すことで、他校の生徒やインターネッ ト上などで巽中学校生であることを揶揄されたり、地域性にからませてからかわれたりする事例が出てきており、子ども達に直接危害等及ぼされる心配が考えら れる。TVクルーが学校周辺をうろつき保護者や職員が都度撤退するように注意。管理職、職員、保護者から『取材を受けるのは止めて欲しい』『これ以上、学校の評判を不必要に落とす行為は止めて欲しい』などと再三依頼。4月18日に行われた臨時PTA総会で決議したにも関わらず『説明責任がある』の一点張りで『全ての取材には誠実に対応する。記者に口止めするような立場にはない。』と主張。
 
詳細・http://togetter.com/li/663274
 
以上3つの他にも「子どもを守る」という観点が全くない自分本位な言動や指示が多々あり、職員や保護者とは人間関係が築ける素地がありません。
 
その上に、今回の【更迭撤回】のニュースが流れるや今度は「校内人事選挙を暴いた!」とヒーロー扱い。さも「校内人事選挙の件で職員が反発したから人間関係が築けなかった」かの様な問題のすり替えなど、教育現場では絶対に在ってはならない事です。
私達は教育現場におけるそのような意図的な政治介入にも不信感を抱いています。
 
子どもを朝から夕方まで預ける保護者として、学校で「子どもを守り、健全に教育・育成する」という基本姿勢を示さない校長には託せません。 そのような観念は教えられて身につくものではなく、教育に関わる大人として本来自らが持っているべき基本的な視点であり、北角校長には全くみられません。
 
子ども達を安心して学校に送り出す為に、私達は北角校長の更迭を求めます。

 

This petition was delivered to:
  • 橋下徹大阪市長、大森不二雄大阪市教育委員長

    北角裕樹校長の更迭を求める会 started this petition with a single signature, and now has 301 supporters. Start a petition today to change something you care about.