シンガーソングライター森圭一郎さんに東京オリンピック・パラリンピックの開会式で歌ってもらう。

0 人が賛同しました。もう少しで 10,000 人に到達します!


東京オリンピック・パラリンピックの開会式は世界に対して日本をPRする場であり、森圭一郎さんに歌ってもらうことで、日本の素晴らしさを世界中に伝えることができるから。

森圭一郎さんは、鹿児島県の徳之島に特別支援学校を設置するための署名活動をしながら日本全国を縦断するひまわりツアーを行い、数万人の署名を集め、さらに徳之島一周75 kmを車椅子で3日間かけて完走し、徳之島の沢山の人たちに元気と勇気を与えた。(http://youtu.be/nAKBKJ4q4RE)

また、NHKのEテレの番組「ストレッチマンV」でストレッチマンパープルとして出演しており、日本全国の子供たちに人気があり、子供とすれ違うと「ストレッチマンパープル!」と声をかけられることが多い。

全国FM局200局以上出演達成、全国150以上の学校・行政施設で講演&ライブ。

東日本大震災の被災地石巻市で、北上音楽祭や石巻復興隊と繋がり、無料ライブをしたり、チャリティライブ をして義援金を集めたり、グローブ等の野球用品を被災地の子供たちに贈ったりし、震災復興活動に積極的に取り組む。東日本大震災をアメリカで風化させないため、被災地を実際に観て作った「赤い紐」を英訳してアメリカ横断ツアーをし、沢山のアメリカの人々に感動を伝える。(http://youtu.be/KguEi-_cTRk)

地元である埼玉県熊谷市のPR映画「あついぞ!熊谷」のテーマソング 「熊谷」を歌うなど、地元の人々からも愛されている。

文化庁大賞を受賞した介護ドキュメンタリー映画「ただいま、それぞれの居場所」、「季節、めぐり それぞれの居場所」の音楽担当をし、沢山の人々に感動を与えた。

以下、公式ホームページから、プロフィールを引用する。

『16才の時に車椅子生活に。その後音楽に出会い人生を救われる。24才の時に1stCDリリース。その後5回の日本縦断ツアーを行う。ブルース、ロック をバックボーンにし、自身の生き様を魂の叫びで歌いあげる。年間約200日、国内外問わず旅をしている。2011年10月15日に行われたゴールドコンサートでは歌唱賞、グランプリのダブル受賞を果たす。CD10枚リリース。8月2日から43日間のアメリカ横断ツアーRoad trip 2012のツアーに出る。9月15日森圭一郎ストーリーの漫画本出版。またNHK Eテレ「ストレッチマンV」 パープル役もしている。』

 森圭一郎 公式サイト

http://keiichiro.com/



今日:Love Hand Projectさんがあなたを信じています

Love Hand Projectさんは「森圭一郎さんの歌を東京オリンピック・パラリンピックの開会式で!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Love Hand Projectさんと225人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。