田嶋幸三氏の会長辞任を求める

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


田嶋幸三氏は、ロシアワールドカップに先立ち、ハリルホジッチ監督を2カ月前にコミュニケーション不足を理由に解任しました。これは日本サッカー協会会長として不適切な行為であり、田嶋氏の辞任が適切です。辞任は日本サッカーの発展につながり、在職し続けることは日本サッカーの衰退につながります。どうか、日本サッカーの発展に貢献してください。

・監督交代に関して、日本の多くの人々はその理由が分からないでいます。日本サッカー協会会長と、広く日本社会との間には決定的なコミュニケーション不足が生じています。

・仕事をプロフェッショナルに頼んだ場合、基本的には業務完了まで仕事を任せきるべきで、受けた側は全力で完遂というのが、世界共通の常識である。監督業務の機微にまで管理を及ぼしうまくいくなら、最初から自分たちでやればよいことであるが、それができないから、プロに頼んだのではないでしょうか。

・途中解任により、正しいロシアワールドカップの総括、ハリルホジッチ監督の評価ができません。つまり、PDCAのサイクルを回すことができません。これはマネジメントとして大き過ぎる問題です。

・ハリルホジッチ監督の訴訟が当然のことであり、訴訟を受けていることは日本サッカー(協会)にとって極めて不名誉なことです。

・日本サッカー協会の会長は、中長期の日本サッカーの発展に尽力すべきで、目先の代表監督の進退に深く関わるべきではありません。目先のワールドカップの結果に関わらず、日本サッカーは発展していかなければなりません。田嶋氏の行為は注力すべき事項を間違った、マイクロマネジメントです。

・仮に、ハリルホジッチ監督の任命が間違っていたとするならば、その任命責任は現職の日本サッカー協会会長が取るべきです。日本サッカー協会には事業の永続性に責任があり、問題発生時の責任は一義的には永続的に引き継がれ、その時点の会長が負うべきものです。



今日:事務局さんがあなたを信じています

田嶋幸三氏の会長辞任を求める署名活動 事務局さんは「日本サッカー協会: 田嶋幸三氏の会長辞任を求める」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!事務局さんと23人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。