中華人民共和国系キリスト教系カルト「全能神協会」の早期解散を

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


全能神協会とは:

全能神協会(全能神教会/全能神・別名:東方閃電、東方稲妻、実際神)とは、中華人民共和国にあるキリスト教系新興宗教団体である。
中華人民共和国を中心に活動し、中国語圏の地域・国々を超えて世界各地に支部を置く。

概要:
1970年代末に米国から中華人民共和国に入ってきた教団から派生し、1991年にキリスト教の一派として、1989年、黒竜江省阿城市出身の張維山(趙維山)が前身である「永源教会」を設立。この団体が当局による取締りを受けたことから、彼は河南省に逃亡。1991年〜1993年頃、河南省で現名称で再度設立した。
彼自身は大司教を名乗り、大学受験に失敗した女性・楊向彬を「女キリスト」や「全能の神」として神(教祖)に祭り上げ、その下に神の化身とする7人の幹部、そして信者を抱える。なお張・楊の両氏は2000年に一旦日本へ逃避し、その後2001年に米国へ政治亡命を果たした。信者数は100万〜300万人。
「全能神教会」が正式名で、「全能神」が略称(※ここでは便宜上、統一教会を統一協会と表すのと同様に全能神協会とする)。「東方閃電」は中華人民共和国内で広く通用される名称である。唯一神思想・終末思想・悪魔と異教徒などのキリスト教系思想に深く影響を受けている。
「悪魔である中国共産党を打倒し、全能神が統治する新国家の建設」つまり「中国共産党との決戦」を目標に掲げる。そのため全能神協会は、中国共産党を「大紅竜=大きな赤い竜」と独自の蔑称で呼ぶ。清朝時代の「太平天国の乱」に近いクーデターを目指している可能性がある。

布教と当局:
「2012」が大ヒットした直後に2012年人類滅亡説(マヤ暦世界滅亡説)を唱えだし、2012年12月22日以降一気に信者数・勢力を拡大させた。終末思想の流布で当局は1300人以上の信者を逮捕している。うち青島で約400人、浙江省では58人である。上は85歳、最年少は18歳であった。

教義:
「マタイによる福音書(マタイの福音書)」や「ヨハネの黙示録」の影響が強いとされる。また、「巨大な赤い龍」も、福音書や黙示録にある悪魔の三位一体のうちの一つである。中国共産党を「巨大な赤い龍」と呼び、これを倒して新国家を樹立すると主張しているため、2000年より中国当局からは邪教と認定されている。

邪教とみなされる要素:
中華人民共和国政府は邪教と指定しているが、対応を誤れば社会的混乱をきたすだろうと、対応に苦慮している。更に、キリスト教系ではあるが、カルトであるとの意見が強く、中国共産党の指導に従う中国天主教愛国会などの団体はもとより、政府の指導を拒否して非合法となっている地下教会の信者も、全能神協会は異端と認識している(※但しバチカン法王庁との繋がりが無いために、統一教会のように世界的に異端認識が薄い)。また、近年入信する者が増加中で、一般市民から省、県レベルの指導者にも及び、全国22省・直轄市にまで広がっている。
信者である低所得者や貧困地方の人間への援助という善行的勧誘も行うが、一方で恐喝、暴行、不法な監禁、薬漬け、ハニートラップなどで強制的にも信者を獲得しているとされる。また、法輪功よりも強い組織力を持ち、一度入信すると脱会することは難しい。信者になれば金銭が支払われるため、近年、中国で拡大している貧富の差を背景に信者を増やしている。
1983年の法輪功や統一協会(同一教)、ファミリー・インターナショナル(天父的儿女)など共に、2000年に中国政府より「邪教(=カルト)」に指定された。反人類、反社会、反動的要素を有し、反共産的要素(※中国共産党に対して)に関しては法輪功より程度が大きいと断じている。後にロシアでもカルト認定を受ける。以降当局は、信者を逮捕・迫害している。名義は「東方閃電」で指定されている。一方、中国共産党の打倒を掲げていることから、共産党(※民主主義・平和主義的な日本共産党などは無関係)を嫌って海外に移住した華僑などからは、全能神を保護すべきとする意見もある。

事件:
2014年5月28日午後9時頃、山東省招遠市のマクドナルド店内で、全能神のメンバー、張立冬ら6人による女性撲殺事件が起こった(2014年山東招遠カルト殺人事件)。張は勧誘のために店内で電話番号を聞いて回っていたが、女性が断ったためとCCTVのインタビューに答えている。
全能神協会の勧誘中の男女6人の信者が入信を断った女性を集団私刑の上殺害したとされる。全能神協会側は「全能神協会を貶めたい中国共産党による陰謀」と主張している。
この事件で実行犯6人中5人が逮捕された(一人は刑事責任を問えない年齢であった)。1審において2名に死刑判決、1名に無期懲役、そして残り2名に7〜10年の懲役刑の判決が下された。その後全員が2014年11月に2審へ控訴したが、棄却され有罪が確定した。量刑の変化はない。2015年2月2日、山東省烟台市で2名の死刑が執行されている。
この事件以外にも、入信拒否や脱退をした者に対して耳をそぎ落とすなどの残虐な行為をしているとされる。脱退者を阻止する専門の実働部隊「護法隊」があるという。

世界各地との関係:
中華人民共和国以外にも 世界各地に支部を置き、日本でも活動している。
中国語簡体字以外に英語・中国語繁体字・韓国語(ハングル語)・日本語版ホームページを有する。また、日本を含む世界20箇国・地域に直通電話を設置している。

日本との関係:
現時点では主に、在日中国人への勧誘活動を中心に活動している。
日本テレビ系番組・ミヤネ屋(読売テレビ制作)が報道した勧誘活動範囲(計16箇所)は以下のとおりである。
・東京都(7箇所):上野・新大久保・新小岩・北池袋・石神井公園
・千葉県(1箇所):船橋
・愛知県(3箇所):名古屋
・大阪府(3箇所)
・兵庫県(2箇所):神戸

布教動画の特徴:
YouTube及びニコニコ動画にも全能神協会の宣伝動画が配信されている。全て日本語版も多数ある。
これらの日本語版は、ほぼ完璧な日本語の状態で仕上げられている。日本語吹替版や字幕版の担当者は、在日華人(中国系 日本人)、在日華僑、もしくは非常に卓越した中国人の日本語話者と推測される。

日本語版Facebookにおける全能神協会:
日本語版Facebookにおいては、2016年4月頃より活動が活発化し、それまでは多数の正統なキリスト教信者を隠れ蓑に潜伏していた。活発化後はキリスト教系グループにおいて工作活動を行っている。その為、グループ参加者が全能神協会信者にグループを荒らされている問題で、避難所グループが建った。

全能神協会信者が起こした事件:
2014年山東招遠カルト殺人事件:
2014年山東招遠カルト殺人事件(2014ねんさんとうしょうえんカルトさつじんじけん)は、2014年5月28日夜、中華人民共和国山東省招遠市のマクドナルド店内で、6人の「全能神協会」信者が伝教拒否の女性客を殴り殺した事件。
当時店内にいる目撃者が撮ったビデオはネット上に流れた。犯人グループのリーダーは被害者に「てめえは悪魔だ! 鬼だ! 永遠に地獄に落ちればよい!」と叫びながら、椅子と金属パイプで被害者の命乞いを無視して殴り続けた。犯人グループ中の女性は周囲の人に「てめえらも死にてぇのか!」「来るなら殺すぞ!」と威嚇し、阻止をしようとした店員を振り離した。被害者は病院に運ばれたが死亡が確認されたという。
6人は3分後に到着した警察官に逮捕された。現場を見た通報者は10人にも上ったという。電話で通報したマクドナルドの店員も殴られた。犯人グループのリーダーの娘も金属パイプをもってマクドナルドのカウンターを叩いた。

主犯の張立冬は中国中央電視台(中国中央テレビ)の取材に対し「自分が7年間「全能神協会」を信じてきた」と「自分が被害者を邪霊(悪魔)と見なし、(悪魔を)殺すために彼女を殴り殺した」ことを認めた。また、記者からの「貴方たちは法律を知っているのか?」との質問に対し「我等は神の信者、法律を恐れぬ」と答えた。グループの中に張の20歳の長女・次女と14歳の長男もいた。

参考:
・全能神 - Wikipedia:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E8%83%BD%E7%A5%9E
・全能神教会 - ニコニコ大百科:
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%85%A8%E8%83%BD%E7%A5%9E%E6%95%99%E4%BC%9A
・2014年山東招遠カルト殺人事件 - Wikipedia:
https://ja.wikipedia.org/wiki/2014%E5%B9%B4%E5%B1%B1%E6%9D%B1%E6%8B%9B%E9%81%A0%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

全能神協会公式サイト:http://jp.kingdomsalvation.org/



今日:幸秀さんがあなたを信じています

石澤 幸秀さんは「文部科学省: 中華人民共和国系キリスト教系カルト「全能神協会」の早期解散を」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!幸秀さんと4人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。