このキャンペーンは終了しました

志摩市公認キャラクターへの、当事者と無関係の団体からの圧力への抗議と表現の萎縮を防ぐ意思表示を!

2,306人の賛同者が集まりました


伊勢志摩市の公認キャラクター「碧志摩メグ」に対しては、批判が行われています。

しかし、このような視線は、萌え絵を支えるオタク文化やそのような表現手法に対する著しい無理解と差別に基づく偏見だと考えます。

実際、この問題に関して当事者である海女さんたちの中でも、このキャラクター「碧志摩メグ」やその絵の表現に対しては賛否が分かれていますし、公認撤回を求める署名(リンクが出来ない時には※1から)のコメント欄を見ていると、絵柄に対する個人的な不快感やオタク文化に対する自分の不快感をぶつけて非難してるものが多くて、海女さんの意思とは全く 関係ないところでの暴言や、個人的な価値観による決め付けで感性の相入れない人々を非難する物ばかりが目立っています。

(※1) https://www.change.org/p/%E5%BF%97%E6%91%A9%E5%B8%82%E5%85%AC%E8%AA%8D%E8%90%8C%E3%81%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC-%E7%A2%A7%E5%BF%97%E6%91%A9%E3%83%A1%E3%82%B0-%E3%81%AE%E5%85%AC%E8%AA%8D%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D%E6%B4%BB%E5%8B%95

又、公認撤回を求める署名(※1) では、「セクシャルハラスメント」「子供も見ている」と言う呼びかけがされていますが、これは、1991年以降漫画を始めとするオタク文化に対して、それを弾圧して社会から排除し、出版社や書店だけではなく作家や同人誌即売会主宰者からの複数の逮捕者を出すような警察の強引な人権侵害行為を契機にした過剰な自主規制を後押しした、カルト宗教とフェミニズム運動による「有害コミック排斥運動」を行った人々と同じ論理展開です。

ましてや、このことと「児童ポルノ」や「JKビジネス」なるものとを結びつけ、「碧志摩メグ」についてもあたかも、それらと同じようなものであるかのように論じているのは極めて乱暴・極めて感情的で、論理性と節度が全く欠けている暴論ですらあるように思います。この署名の呼びかけ団体の中では絵も「児童ポルノ」なのでしょうが、そのような認識は既に国際的にも国内的にもその認識が大きな社会的混乱に結びついたことから排除され始めてる「認識」です。児童虐待の成果物と絵・ましてやキャラクターを同一視するのは荒唐無稽ですらある。

あまつさえ、「これは児童ポルノだ」と言う偏った・現実離れした見方や主張を、海外メディアに取り上げさせ、「外圧」という名のオタクバッシングと日本的な表現へのバッシングを煽り・その事でこのキャラクターを社会から葬り去ろうとしてるかのような行動を取ることは、言語道断です。最早社会運動としての節度や説得力を放棄してすらいる。

既に、問題の署名は海女さんの不快感に寄り添うと言う表向きの名目すらかなぐり捨てて、専ら自分たちだけにとって不快な表現や表現活動を公の場から排除しようという事で突き進んでいます。まるで、会田誠の芸術作品を政治的に正しくないとして美術館から排除しようとしたり、最近だと会田氏の作品「檄」を事なかれ主義でクレームに怯え排除した東京都立の美術館と同じような対応を伊勢志摩市に迫ってるかのようにすらなっている。

ある表現を「性的」「いやらしい」と捉えることは、非常にプライベートな事ですし、性的表現を何処まで公の場で認めるか・どういう内容を性的だと認めどういう内容かを性的だと認めないかについても同じであり、個人の感性や価値観に大きく左右されるためにばらつきがあるのですが、どうもこの人達は自分たち以外の価値観・物の見方を認めさせないために圧力を掛けることばかりに熱心で、当事者はお神輿として担いで利用してばかりいる。

1991年の少し前から始まり、1999年の児童ポルノ・買春禁止法制定やその後相次いだ青少年健全育成条例改悪策動の時期に絶頂を迎えた「有害コミック」排除運動は、オタクやオタク文化への偏見を拡大させると同時に表現規制だけではなく青少年が性的な主体であることや性的なものに触れることを無制限に規制しようという方向に拡大し、その過程でテレビ等への放送される内容に対する攻撃全般も強まり・テレビ等は「自主規制」という名の萎縮が日々ひどくなっています。

このように、法的・社会的な規制があまりに過激になったがために2000年代後半にオタクがやっと立ち上がり、規制する流れを疑問に思ったり息苦しさに喘いでいても、世間の空気・特に表現規制を推進してきた人達の中傷と言って支障ないくらいの非難めいた言説に圧されて声を上げることが出来なかった人達とも繋がり、結果広範な人々が声を上げ動けるようになったことで、法的規制の過激化を今もギリギリのところで食い止めているという現状があります。

91年からこの間、表現規制は「青少年保護」などの名目で行われてきましたが、それは公序良俗に反する表現への規制という形にすり替わりました。つまり、「子供が見る」「セクシャルハラスメント」と言う最初の話が、非常に広範な人権侵害と憲法違反(主に憲法21条の表現の自由及び検閲の禁止)を引き起こし、最初の題目のために批判を表立って出来る人があまりいないがために暴走を繰り返し、その事態に自覚的な人々の生活をも投げ打った必死の努力でギリギリ踏みとどまれるかどうかという状況が続いているのです。

従いまして、このような(「碧志摩メグ」を社会から排除しようという)呼びかけに対して善意や事なかれ主義で応えることが、当時のその後の状況展開を再び起こしてしまうことを私は、危惧します。

今、安保法制をきっかけにして、日本国憲法の大事さが語られ、その中でデモやチラシやネット言論などが憲法・特に憲法21条に守られているという認識が広まっています。

その中で、いくら善意によるものとは言え、日本が内包する異質な文化=オタク文化に対する無理解と偏見と差別をむき出しにして、91年と同じように表現を排除する運動に対して、そのような運動に伊勢志摩市始め行政機関全般が屈しないように・その事によって表現活動や出版等が萎縮するきっかけを作らないように、署名をよびかけます。

 



今日:久眞さんがあなたを信じています

太田 久眞さんは「志摩市 市長 大口秀和 志摩市観光戦略室 志摩市サミット推進室 Maribon事業部 三重県志摩市公認萌えキャラ作成事務局 津地方法務局: 三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認を維持し、表現の萎縮を起こさず、表現の自由を維持する事を求める」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!久眞さんと2,305人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。