秋篠宮の立皇嗣に反対です。

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」を行おうという動きが、急速に進んでいます。

本署名は、明確な法律の根拠がないまま、法の拡大解釈により「立皇嗣の礼」を行うことに反対する署名です。あて先は官邸と宮内庁です。

現在の天皇陛下の退位後は、秋篠宮殿下は皇位継承順位1位となります。しかし皇室典範8条により、皇太子には天皇の子しかなることができません。秋篠宮殿下も天皇の子ですが、長男ではなかったので皇太子にはなれませんでした。秋篠宮殿下の皇室典範上の地位は、「皇次子(次男)」です。

では、天皇陛下の退位後はどうなるのでしょうか?

秋篠宮殿下は天皇の弟になります。天皇の子ではないので、皇室典範に従えば皇太子にはなれません。皇太弟の規定も皇室典範にはありませんので、皇太弟にもなれません。

そこで、「皇嗣」という耳慣れない言葉が出てきました。皇室典範4条に「天皇が崩御したときは、皇嗣が即位する」とあります。現在のまま皇室典範が改正されなければ、徳仁天皇(現在の皇太子)が崩御した際には秋篠宮殿下が即位することになります。つまり、徳仁天皇崩御の時点で、皇位継承順位1位の皇族=秋篠宮殿下=4条の「皇嗣」です。

天皇陛下の退位が検討され始めた当初、政府と宮内庁は、この4条の規定から秋篠宮殿下を皇嗣と「呼ぶこともできる」という説明をしていました。その時点では、皇嗣はあくまでも呼び名、つまりニックネームであって、秋篠宮殿下の法律上の地位は文仁親王殿下のままであり、一宮家の当主ということでした。

 

しかし今、政府と宮内庁は退位特例法5条の規定を利用して、秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」を行おうとしています。

退位特例法5条には、「皇嗣となった皇族に関しては、皇室典範に定める事項については皇太子の例による」とあります。皇室典範には「立太子の礼」の規定があります。「立太子の礼」とは、国内外に「この人物が皇太子である」ということを示す儀式であり、国事行為です。

この規定を皇嗣となる秋篠宮殿下に当てはめ、「立太子の礼」ならぬ「立皇嗣の礼」を行おうとしているのが、現在の政府と宮内庁の立場です。

このような当てはめ=法の拡大解釈は可能なのでしょうか?

私はできないと思いますし、ここまで重要なことを法律の拡大解釈だけで、宮内庁の役人の意思あるいは一部の政治家の意思だけで決めてしまうのは、法治国家として危険なことであり、民主主義の原則に反することだと思っています。憲法1条に「天皇の地位は主権者である日本国民の総意に基づく」と書いてある、その規定に反することだと思っています。

また、天皇陛下が退位を言い出してから今日までの、非常に短い時間で皇室に関することが矢継ぎ早に決まっていくプロセスも、民主主義国家として危険なことだと考えています。

繰り返しになりますが、天皇陛下の退位が議論され始めた当初、政府と宮内庁は「皇嗣」は単なる呼称、つまり「ニックネーム」に過ぎないと説明していました。そこに法律的な意味はなく、秋篠宮殿下の法律上の地位(身位)は、あくまで文仁親王殿下であり、一宮家の当主のままということでした。

しかし、宮内庁のホームページに最近掲載された「天皇陛下の退位に伴う住居の移転について」と題する12月18日付の文書には、皇嗣が法律上の身分(身位)の変更であることが書かれています。原文は下記のリンクからご覧いただけます。

http://www.kunaicho.go.jp/info/pdf/ojyukyo-iten291218.pdf

皇嗣はあくまで呼び名であり、秋篠宮殿下の法律上の身分はあくまで文仁親王殿下のままだと説明していた政府と宮内庁。それがいつの間にか、国民に見えにくいこのような形で、単なる行政文書1枚で、「皇嗣は呼び名ではなく法律上の地位なのだ」ということになっています。

そして今、皇室典範に記載のない「立皇嗣の礼」までも国事行為として行おうとしています。国の象徴という非常に重要なことを、このように国民をだますようなプロセス、なし崩しで決めるようなプロセスは民主主義の原則に反していると考えます。

各種世論調査で国民の8割前後が女性天皇に賛成している中、敬宮愛子内親王ではなく、秋篠宮殿下を次の次の天皇として確定させてしまう。これは非常に重要な決定です。これほど重要なことが、国民も不在で、いったい誰がこんなことを言い出したのかも全く分からないまま、なし崩し的に決められようとしています。これは、立憲主義に立つ日本では許されないことですし、もし許されたら恐ろしいことです。

明確な法律の根拠を欠いたまま、秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」を行う。そのことに反対する署名です。

秋篠宮殿下を天皇にしたくない、という署名ではなく、もし彼を次の天皇と決めたいなら、きちんと国民の声も聴いてほしい、国会で審議をしてほしい、皇室典範を改正してから行ってほしい。それを訴える署名です。

どうぞよろしくお願いいたします。



今日:Naokoさんがあなたを信じています

Thijs Naokoさんは「官邸、宮内庁: 秋篠宮殿下の立皇嗣に反対です。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Naokoさんと1,363人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。