メキシコ・プエブラ州クエツァラン  望まない鉱山開発から豊かな森といのちを守る道を選んだ住民たちを応援してください!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


メキシコ プエブラ州の北東部の山岳地域に位置するクエツァラン市。この一帯は、世界的に見ても非常に豊かな生態系を誇る広大な森が広がり、ナワット族やトトナカ族などの先住民が多く暮らす伝統文化が色濃く残る地域です。彼らは自然に寄り添い、大地とともに暮らしてきました。

そこに10年以上も前から入り込んできたのが鉱山開発を中心とする巨大な開発プロジェクトです。この鉱山開発で採れる金属は、日本に暮らす私たちの日常にいまや欠かせない携帯やパソコンなどに使われます。これは遠い国の小さな町で起きていることではなく、日本にいる私たちの暮らしと深くつながった問題なのです。

 開発によって一旦採掘が始まると、豊かな森と多くの動植物は失われ、水は汚染され、自然とともに暮らしてきた先住民の伝統や暮らしもすべて失われます。住民たちはこれを「死のプロジェクト」と呼び、こうした開発には「NO!」という強い意思表示し、反対運動(=いのちを守る活動)を行ってきました。その中心となっているのが地域のさまざまな組織や団体で設立したCOTIC(クエツァランの大切な大地を守る委員会)です。

 しかし2018年1月末、ある大きな動きがありました。それは、開発に携わる組織の1つであるメキシコ電力公社(CFE)からの訴えに基づき、反対運動を行ったという容疑でCOTICの主要メンバー4人に国から出頭命令が下されたのです。おかしなことに反対運動は1年も前に行われており、しかも彼らの抗議活動は常に平和的に行われています。これは、「国は、先住民が自らの土地を守ろうとする活動を違法行為にしようとしている」とCOTICは受け止めています。もしこれが違法行為とされれば、今後、反対活動はもちろん、自分たちの土地や暮らしを守ることが出来なくなるというとても深刻な状況になります。

またこうした動きが起きてから数週間、開発問題と関係あるのかはわかりませんが、COTICのメンバーの多くが所属するトセパン協同組合(詳細は以下)の組合員が続けて襲撃に遭うなど、これまでになかった不穏な動きが起こっています。非常に深刻で差し迫った状況にあるのです。

 私たちはこの現状を出来るだけ多くの人に伝え、COTICら地域住民が不当逮捕され、開発が推し進められるといった事態にならないよう日本からも働きかけていきたいと思っています。クエツァランの人たちとつながり、彼らを支援するたくさんの声をメキシコ政府に届けたいと思います。
メキシコ国外からのこうした声は、彼らが闘っていく上でとても重要で大きな効果をもたらします。

具体的にメキシコ政府や開発側へ訴えたいことは次の3つです。
①  COTICら住民が国に求めている以下のことを実行して
   ほしい。
・クエツァランの土地を守る条例やそれを遂行する組織を尊重
 すること
・メキシコの憲法や国際労働機関(ILO)の169条(独立国に
 おける原住民及び種族民に関する条約で、先住民が独自の文
 化、伝統、経済を維持していくことを尊重する条約)に定め
 られているようにすべての地域で、意思決定において先住民
 を尊重すること
②  COTICら住民の大地を守る活動は権利であり、違法行為で
   はない。
③  COTICら住民の「いのちを守る活動」を支持し、住民が望
   まない一連の開発やそれに伴う脅し行為等は認めない。

鉱山開発という巨大な力に立ち向かうには大きな不安と恐怖が伴います。そして状況は深刻です。しかし彼らの反対運動には悲壮感は漂っていません。彼らにとっての反対運動は、「しあわせに生きる」ためのものであり、自分たちの生き方を示す前を向いた行動なのです。鉱山開発から森や暮らしを守る闘いを、そして彼らの思いに賛同いただき、一緒に声を届けてください。よろしくお願いします!

●  呼びかけ人(2018年4月20日現在: 敬称略 順不同) 
・中村隆市(株式会社ウインドファーム 代表取締役)
・辻信一(明治学院大学 教授)
・細川弘明(京都精華大学 教授)
・環境=文化NGOナマケモノ倶楽部
・吉岡 淳(カフェスロー代表/元日本ユネスコ協会連盟事務局長)
・深津高子(保育アドバイザー/国際モンテッソーリ協会教師)
・坂田裕輔(近畿大学 教授)
・「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会
・竹之内国幹(OICHOCOFFEE・暮らし野シューレ)
・SlowCoffee一同
・中村拓平(SCAJ認定コーヒーマイスター)
・小野啓(コーヒー焙煎技師)
・斉藤渓(明治学院大学国際学部 学生)
・岩見知代子(ワールド・エコロジー・ネットワーク事務局長)

★さらに詳しく知りたいかたは⇓
【COTICの主要な構成団体トセパン協同組合と開発の現状】

プエブラ州クエツァランは、陸の孤島と呼ばれ、山々に囲まれた地域にあります。中央政府からの公共サービスも届かない先住民が多く暮らすこの地域で、団結し、自分たちの力で貧しさや困難に立ち向かおうと40年前に設立されたのがトセパン組合(正式名:トセパン・ティタタニスケ協同組合)です。この組合の名は、ナワット語で”共に働き、共に話し合い、共に考える”を意味しています。

組合員数(2018年1月現在)35,000世帯を超える大きな組織ですが、皆で大地やすべてのいのちを尊重し、豊かな自然とともにある伝統的な生き方を未来の子どもたちに残そうと取り組んできました。その活動は実に多様です。森を守る森林農法の有機コーヒー栽培を中心に、循環型農業、住民のための独自の金融機関「トセパントミン」の設立、エコツアー、先住民の伝統を取り入れた独自の学校設立などその活動は実に多様です。これほどの規模でこうした地域づくりを行っている組合は世界的にもそうありません。「助け合い」と「連帯」という先住民たちの理念を基本としたトセパンの持続可能な取り組みは、私たちの未来の社会づくりにとってまさにロールモデルと言えるもので、メキシコ国内ばかりでなく海外からも高く評価されています。
昨年、日本で開催された「しあわせの経済 世界フォーラム」でもトセパンの取り組みが紹介されました。
http://economics-of-happiness-japan.org/report_leonard

トセパン組合は、メキシコ政府から1995年にフォレスト賞、2001年に環境賞を受賞し、2017年にはトセパントミンがヨーロッパマイクロファイナンス賞2017を受賞しています。

★  組合の詳細はこちら→https://www.windfarm.co.jp/tosepan/

 そして現在、トセパンを中心とするクエツァラン一帯に暮らす人々はこれまでにない厳しい状況に陥っています。それが、彼らを取り巻く鉱山開発の問題です。豊かな森や水のあるこの地域は、豊かな地下資源にも恵まれています。そのため、10年以上前から国内外のさまざまな鉱山開発の企業が開発を進めようとこの地に入ってきました。

鉱山開発が入ると地域はどうなるでしょう。開発が始まってすぐは確かに経済的には潤います。しかしそれはほんの束の間のこと。豊かな森に多様な動植物、きれいな水に自然とともに暮らしてきた先住民の伝統。こうしたすべてが失われます。そしてそれらを取り戻すことはできません。トセパンの人たちは目先の利益にとらわれず、こうした開発には反対という強い意思表示をしてきました。しかし開発を進めようと入ってくる企業は後を絶たず、地域で一丸となって取り組む必要性がでてきました。そこで、トセパンを中心に地域内にあるさまざまな団体や組織が力を合わせ、鉱山開発から大地を守るための組織を設立しました。それが、COTIC(クエツァランの大切な土地を守るための委員会)です。

2018年1月現在、彼らが抱えているのは鉱山開発だけではなく、メキシコ電力公社(CFE)が進めようとしている水力発電所建設、そしてクエツァランから大西洋側の町までつながる高圧送電線の架設と変電所建設です。COTICはこの数年、地域内で団結してこの開発に対する反対運動や集会を行ってきました。

しかし、ここへ来て状況は大きな局面を迎えています。

それが、先述したCOTICの主要メンバー4人(うち2人はトセパンにおいても中心的な人物)への出頭命令です。1人目はCOTICの幹事でもあるナワット族のルフィナ・エディス・ヴィラさん、2人目は同じくナワット族のナサリオ・ディエゴ・テレス氏で、トセパンのメンバーでもあります。そして3人目はトセパンのアドバイザーであるアルバロ・アギラル・アヨン氏で、4人目は大学の研究者ルイス・エンリケ・フェルナンデス・ロメリン氏です。彼らの容疑は、開発計画に対する抗議活動を行ったということですが、幸い、今回は出頭して数時間後に釈放されました。しかし、多くの経済的利益を生む開発をなんとか進めようとしているのは明らかです。実際、彼らの反対活動によって開発計画が中断されているものがあります。

 今回の4人の主要メンバーだけでなく、このクエツァランを中心とするシエラノルテに暮らす何千もの住民たちが違法な行為を行ったとして訴えられたり、逮捕されるという事態にならないよう、メキシコ国外からもこの問題に関心を寄せ、声をあげたいと思います。彼らの思いといのちを守る取り組みに、ぜひ賛同をお願いします!

 



今日:ウインドファームさんがあなたを信じています

ウインドファームさんは「在日メキシコ大使館: メキシコ・プエブラ州クエツァラン 望まない鉱山開発から豊かな森といのちを守る道を選んだ住民たちを応援してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ウインドファームさんと196人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。