このキャンペーンは終了しました

ウルトラセブン第12話の公開 永久欠番の廃止

1,767人の賛同者が集まりました


ウルトラセブン第12話は、登場する宇宙人に対し、制作側が意図しない通称を雑誌側がつけた事から端を発し、それに勘違い・誤報が加わって永久欠番へと追い込まれました。

この間、円谷プロは十分な弁解の余地を与えられませんでした。

現在、表現の自由が再度見直されていく中で、不当な理由で永久欠番へと追い込まれた12話の永久欠番が廃止されるのは当然です。

 

原爆投下から来年で70年という節目の時を迎え、また原発事故が今なお収束していない中で、ウルトラセブン第12話の重要性は増しています。

名作が完全な形で蘇るために、表現の自由を守るために、そして、今、目の前にある問題から目を背けないためにも、ウルトラセブン第12話は重要なものとなるのです。

 

 

 

 



今日:Yoshitakaさんがあなたを信じています

Kitou Yoshitakaさんは「円谷プロダクション: ウルトラセブン第12話の公開 永久欠番の廃止」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Yoshitakaさんと1,766人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。