このキャンペーンは終了しました
宛先: 内閣総理大臣

「集団的自衛権」行使容認の閣議決定の即時撤回を!戦争をさせない全国署名2015

 安倍内閣は、海外で戦争することを可能とする集団的自衛権の行使「憲法の趣旨に沿う」と強弁する閣議決定を強行しました。これは、「国権の発動としての戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と定めた憲法9条を真っ向から否定するものです。

 戦後、「集団的自衛権の行使」として世界で行われた武力行使は、ほとんどが大国による勢力圏の維持・確保や資源獲得を目的としたものでした。それは無数の市民に血の犠牲をもたらしながら、平和を創ることはできませんでした。武力で平和はつくれないのです。

 安倍内閣は、武器輸出を事実上解禁し、海外での武力行使を前提とした軍事協定をアメリカなどと結び、2015年の通常国会には戦争関連法案を出そうとしています。また、12月14日に行われた第47回総選挙では、自民党と公明党の与党で憲法改正の発議に必要な3分の2を超える議席を獲得しています。

 このままでは、日本は戦争する国になり、自衛隊が外国で殺し殺されることになります。また、国内にも戦火が及ぶことになりかねません。私たちは、このような戦争への道を断じて認めることができません。よって、以下の事項を請願します。

【要請項目】

1.「集団的自衛権」行使容認の閣議決定を撤回してください。

2.海外での武力行使は行わず、平和憲法に基づく外交と紛争解決を進めることを明らかにしてください。

3.戦争参加を可能にする、いかなる立法や条約・協定の締結も行わないでください。

※Change.orgでのネット署名は、制度上、総理大臣あてのみ有効となりますので、官邸提出分として取り扱います。

※自筆での署名をご希望の方は http://www.anti-war.info/shomei/ より署名用紙をダウンロードしてください。

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 内閣総理大臣


    戦争をさせない1000人委員会 事務局 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では15,740名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:事務局さんがあなたを信じています

    戦争をさせない1000人委員会 事務局さんは「内閣総理大臣: 「集団的自衛権」行使容認の閣議決定の即時撤回を!戦争をさせない全国署名2015」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!事務局さんと15,739人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。